鳴鳳山古樹生茶 2019  (プーアル生茶)

HOJOの鳴鳳山古樹生茶2019の茶葉画像1プーアル生茶・普洱茶
スポンサーリンク

HOJO鳴鳳山古樹生茶2019

自分的には、夜間用のお茶としていて開封後33日が経過した、最初は全く分からなかった蜜香が出てきた。表現のしようのない柔らかい水質に、飲んだあと30分以上も続く余韻・・・最近は空気に触れたからか、更に蜜香が上がってきて、余韻に甘みが、一層の強化されて、もう好きすぎてたまらない。

口に入れたときに感じる、最高の水質と、淹れているときの水の音がキレイ、、淹れていて水の流れる音がキレイなのだ、プーアル生茶が持っている、独特の癖なく、 プーアル生茶嫌いの友人でも、美味しい👍欲しいと言ってくれました。

夜間でもあっても、プーアル生茶を飲む、生茶は茶気や覚醒力が強く、夜に飲んだら、寝れなくなるはずだった。


HOJOの鳴鳳山古樹生茶、、美味しいのはモチロン、水の音や水面の反射(輝き)も違う、この鳴鳳山古樹生茶はプーアル生茶であるのに飲んだあとによく寝れる。なんかだか、味的にもプーアル茶を超えて別のお茶という印象を受ける。 初めて飲んだときの(は?)なに、、これ、すごいという、余韻の強い、中国茶に出合ったときの感動は忘れられない。

2019-9-25

使用 茶葉3g  標高2000-2100m 

ほぼ樹齢数百年の茶樹から摘まれた茶葉

改善追記 2019-12-16 

2019-12-16 午前0時ごろ撮影 茶葉が黄色っぽくなり、味わいに深味が出てきた。

2019-12-16日正午の様子 熟成が進んで来ていて、茶葉が、やや黄色味を帯びて、そこまで大きな変化は見られないが、香りと味が以前より濃くなってきている。(深味に近いかも)

鳴鳳山古樹生茶と唐家古樹生茶はブログとTwitterに初めて口コミ投稿を決意した、感動のお茶!私の友人二人をプーアル生茶へ陥れるという、そんな特別な美味しさを持っています。一目見た瞬間に驚く、茶葉の美しさにうっとりして、水の音がとてもきれい、口感余韻のバランスは完璧、しかも夜間に飲んでも寝られる。

夜に飲んでもぐっすり💛☆彡

大量に飲み比べても、良い意味で合わせられて個性が強い

こちらはティーアーティスト富士華名さんの感想

茶の穂(このブログ)のHOJOのお茶の記事

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました