2020年の岩茶(武夷岩茶)は出来が良く当たり年、、そして正山小種も・・・・

武夷岩茶・岩茶
スポンサーリンク

今年の岩茶は総じて素晴らしい出来だと思う。

向こうからの情報によると、去年の秋から今年の茶摘み前まで、雨がとても少なかったらしい、しかし茶摘み後は豪雨により武夷山は、さまざまな被害に遭っている。

  • そんな武夷岩茶なのだが、、、今年は香りが強く、味も例年よりやや濃い。
  • そして正山小種紅茶も同じく香りが良く出来が良いと感じている。
  • 知り合いの中国茶通販店も今年は素晴らしいと言っていた。

2020年の様子を観察&試飲

お盆になると家族で中国旅行がてら、岩茶の新茶を購入するという習慣ができた、ものの今年はコロナウィルスの影響で中国への訪問は難しい、WeChatを利用して国際便を利用して自宅まで送ってもらいパンデミック下のステイホームの楽しみとしている。

詳しく個別ページに載せる前の試飲の様子

  • 水仙の様子
  • 2019年と2020年の老欉水仙を飲み比べている・・・左が出来立てほやほやの状態で焙煎も軽く一回しただけなのに。。。
  • 去年の物は濃香タイプへ熟成しておりこちらも良い。
  • この深い味わい・・・焙煎を軽くしてもこれほど深く濃い味わいが出てくるということは、それだけ原料の質が例年より良いということ・・・だと思っている。
茶葉の様子
個別包装された岩茶の様子
  • 肉桂の様子

今年の馬頭岩肉桂2020年の試作品の試飲 7月8日に日本に到着した当初は渋味が強く邪魔な収斂性を感じたものの、今は渋味と収斂性は消えて、強いトップノートと爽やかさと濃い味わい、透き通るような美味しさ、特大フルボディを堪能している。

  • 二回焙煎の製品版と9月に出てくる伝統型焙煎のの製品版が楽しみなところ。

やはり去年と比較すると、、香り(特にトップノート)が良く、味が濃い。雰囲気的には濃いと言うよりサラサラとした舌ざわりで、密度を感じるところ。

  • 大紅袍の様子

この時期に飲む、焙煎浅めの茶は最高

  • 特にお盆休み前後の酷暑のときに飲む、焙煎浅めの武夷岩茶の美味しさは格別だと私は思う、酷暑の中で汗をかきながら飲む楽しみは代えがたい快感である。
  • 身体から余分な熱が出て行き、熱さを感じなくなるところが良い。
  • 例年ならばケチケチ飲むところなのだが、やはり季節によって美味しいと感じる茶は違うので、一番美味しいと感じる時期に多く消費しようと思う。

関連記事 茶摘みまでは雨が少なかったが、茶摘み後は豪雨被害で甚大な被害

今年の金駿眉も濃厚

岩茶トップへ

武夷岩茶・岩茶

武夷岩茶・岩茶

中国茶トツプへ

茶の穂★本気の中国茶
中国茶の記事・記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました