日記・秋を堪能した日 凄いリンゴとキノコ狩り

趣味の活動
スポンサーリンク

今日はいろいろなことがあったなぁ・・・秋を散々堪能できたことに疑いなし。

早朝に飲む絶品プーアル生茶

私は寝起きで茶を飲むこと茶当たりを起こす場合があり朝に茶を飲まない、、、しかし今日はキノコ狩りに行くために朝早くから覚醒しようと、、胃に優しいプーアル生茶を飲んだ。

HOJOのプーアル生茶を3種類飲む
HOJOのプーアル生茶を3種類飲む

最初に馬鞍山工夫プーアル茶2015餅茶…優しく甘みの深い味わいは寝ぼけていても、、感動した。

私は茶で感動すると、、もっと飲みたくなるので一種類では満足せず、、そして、、麺境野生茶の強烈な余韻で満足したが、、、朝食に茶漬けを食べようと仙宿山を淹れた。

仙宿山で作るのは最高だとおもう。にしても・・・生茶の餅茶のコレクションが10キロを超えてしまい、、多くの茶コレクションが有るので、一回2gや3gでは消費が間に合わない為に、、茶葉を多く効率よく消費する方法を考えた一つだ。

半年ぶりに私が中国で購入した、蓋碗を使った、余韻こそ、ややかき消し気味であるが、その形状と材質から工夫式でのお茶淹れがとてもやりやすい。茶葉5gで飲むには普段の物は小さい。

友人から購入したリンゴに感動

このリンゴの甘さは格別・・・私は過去にリンゴを食して不快な思いをしたことは多いが、感動したことは一度もなかったがこの北城農園のりんごを食し、、人生で初めて感動した。

シナノスイート

この飾り皿はドイツのベルリンにあるKPMという陶器メーカーの物だが、、私はフルーツを見るのは好きなのだが、、食すのは苦手であるため、、、秋に飾ろうと集めている。

この期に食して美味しいフルーツを載せれて感激

待ちに待ったキノコ狩り 実録

キノコ狩りが楽しみで仕方ない秋の10月・・・ついに自宅周辺におて大雨が続いたために、菌の大量発生を期待して、、時間をかけて向かったが、、普段のキノコポイント数カ所は乾燥しており、悲惨な結果に終わった。雨は、、ほど降らなかったようだ。

結局・・周回したが、悲惨な結果に終わった為、、里の直販店で野生キノコを現金購入しようと、、下山しているときだった。

群生するアミタケ

今までは実績の無い、湿った斜面にアミタケが群生しており、、驚く。

アミタケあたりを買う決心をした直後であった為に嬉しさ半端な物ではない。

しかし。。。現在のキノコの相場は気になるところ、、ドリンクを買いつつ見る。

  • 単価の詳細や重量は不明だが、見たところ、、岐阜県の地元産の松茸は100g当たり 開き3000-4000円 つぼみ曲がり 4000-6000円 大きな傷で痛い状態3000-4000円 上品 8000円前後 作柄的に今年は凶作でなく並年だが、例年より2~3割も高い、、コロナ渦で値上げか?去年の凶作の相場より酷い・・しかも傷のチェックも甘く、なかなかクレイジーであった。 
  • 諭吉を数枚消費して松茸を購入する際は単価と状態を意識しなければ自分も痛い思いをするため、もっと良いものが安いときは諭吉が飛び交う店であるから、、、プロでなくとも買い手はわかっているだろう。
  • コロナ値上げとは・・やはりクレイジーである、、店主の心が見える良い機会だ。
  • アミタケも100g800円程度で売られており、、ここにおいて例年より4~3割程高い、2kg近くゲットした自分は何とも言えぬ達成感と多幸感に包まれたのであった。(写真で1.2kg)
  • アミタケはゆでると赤紫色に変色するが、、、量があるので調理法を変えて痛めて食べようと思った矢先、、茹で上がったのだが、、変色していないキノコが1つ混入しており背筋が凍った、、、チチアワタケの幼菌と思われる。
  • チチアワタケも好んで採取し、今日は1kgは取れただろう、、素晴らしいダシが出るため好みであるが、、500gほど食べて下したことがある為、、食べすぎには注意している。

左はアミタケで右がチチアワタケ

まさか?毒キノコを食べてしまったのか?

  • 去年も2回経験したが、、普段は中国茶を飲み感動して、その勢いで記録しようとTwitterなり、ブログを投稿するが、、、チチアワタケの美味しさ及び後味の良さは、、お茶の100倍以上かもしれない、、、依存性はないみたいだが多幸感と幸福感がすさまじい、、食後4時間、、結局まだ、多幸感に包まれておりブログを筆記している、、今日は良い日であった。
  • 余韻が長すぎてブログ用に25GB➡300MB圧縮前の写真に出ているようなキラキラとした物が見える気がする。アミタケ・・800円×20で16000円相当?謎のハッピー妄想や私は長く生きたし・・・色々と将来は不安だし💛もしキノコの中毒で明日は天国に行っていたらそれでよい💛悔いなし(笑)等が思い浮かぶ・・チチアワタケは毒キノコとされる場合も多いようだ、、、食後の思考的に少々ヤバイ何かを持っているという実録を兼ねて日記にしておく。
  • ➡追加 10-14・・突然深夜二時ごろに爆笑したりしたが、、翌日は特に快調・腹下しも無かった。
  • キノコの品種が正確には不明チチアワタケなのに乳液分泌も無く、裏のスポンジが違う、かと言ってツバが剥けておらず、ヌメリイグチかも良くわからない、恐らく後者の変種かな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました