COVID-19に感染? | 茶の穂 香木と本気の茶

COVID-19に感染?

全般・お知らせ
スポンサーリンク
2020年5月22日に撮影したユキノシタの花

人生で最もつらい夏

2020年は人生でもっともつらい年だった。7月の終わりから私は体調を崩し、第二波騒動のころに新型コロナウイルスと思われる風邪症状により、二週間以上の発熱と歩行困難になるなど、悲惨な状況であった。

自粛の徹底

私個人は外出を極力控え、武漢での騒動でまさか世界で流行すると思われていないころからマスク品薄を予想しており、買いだめしたN95マスク身に着け、アルコール液を持参しながら感染対策を心がけるも虚しく、7月25日ごろから微熱が出て体調不良となった。

そう簡単にPCR検査は受けられなかった。

もともとは外気温38度が連日つづいていたので、夏バテだと思っていたが、8月2日ごろに急速に悪化、一時は体温39度以上となりPCR検査を受けるにも当時はPCR検査を受けるのが難しい時代で、自宅の階段を1階から2階へ移動するだけでも息切れし、立ち上がり歩行できない状況では医者にも行けない、家族も軽い風邪症状であったがすぐによくなった(当時は厳しい制限があり誰もPCR検査を受けることはできなかった)

https://twitter.com/seonyan02/status/1290994201786585088

もともと茶を味わうことでなく、茶の余韻や透明感を楽しむことを目的として中国茶を楽しんでいるため、旨味が少なく、味が無いことこそが最高ということから、重度の味覚障害を患っていることに気が付いていなかった。

当時7月20日~8月中の記事はこのブログで更新されたお茶関連の記事はすべて風邪症状に陥る前に筆記された物である。

発熱が続き病院にかかれず

家族に介護を受け、八月の一週目は基本的に立ち上がれず寝たきりであり、茶を淹れることはあまりできず、味覚に問題があったが(単純に美味しくないと思っていた)嗅覚は問題なかったので部屋に香木を持ち込み電子高炉で聞香をしたり、インフルエンザとも違うなんとも表現できない全身激痛を忘れるために横になりながら、香木関連の記事をリメイクしたり、スマホゲームしながら過ごしていた。書籍を読もうにもめまいがして難しかったのと、横になりながら作業がきるのがスマホくらいだった。

このとき気に入っていた紅茶の味が全くしなかったことを忘れもしない

家族は3日ほどで回復したが、私は結局20日ほど発熱が続いた、2週間以上も発熱が続いたので8月10日ごろからPCR検査を受けようと地元自治体で問い合わせを続けたが、全く許可が下りず、さらに民間施設でも発熱が続いた為に完全に立ち入りすら完全に拒絶された。

高熱を出しながら書いた記事

当時リメイクした記事のひとつ

COVID-19関連のtweet指定をうけた当時の記録

最悪の状態の際はTwitterにログインすることすら困難であったので以下のtweetはある程度回復してから記録の為にtweetした。

以下の記録は COVID-19関連情報の指定をTwitter社から受けており、ブログに張り付けができない内容のようだ。

このようなことは初めてなので貼り付けスクリーンショット画像を利用して貼り付け

https://twitter.com/seonyan02/status/1295230493323956224

この日は特に8月15-21日ごろまで、1日あたり1日5万インプレッションを超えており2020年でこの時期は一番私のTwitterアカウントが見られた日であった。

まずは内科で診療といわれ病院にかかるが、、、

散々かけあった末にPCR検査を受けれたが陰性であった。

https://twitter.com/seonyan02/status/1296419565270966273

しかし陰性でよかったと思う、この時点でほぼ回復していたこと、現在のように罹って当たり前という風潮ではなく、PCR検査すら難しく、発生したら近所では大騒ぎになるころであったからだ。

個人的には抗体検査を受ける予定であるのだが・・・・

その後の様子

  • 最悪期を脱した8月以降の私はその前とは別人になってしまったと思う、味覚障害は8月下旬には回復したが、まず体力が格段に落ちてしまったことだ、あのとき以降、動くのがやっとという状態が続いている。これは今でもその前の水準には遠く及ばず回復していない。
  • 次に10月ごろまで抜け毛がひどかった。➡最近になり回復
  • 8月以降は日々なんらかの筋肉痛など全身倦怠感がどこかに残り、苦痛が多い
  • 最大の問題は物事や他人との交流を以前のように楽しめなくなったことだ、いわゆる鬱病になってしまい、外出意欲が完全になくなったこと、感動はするが楽しいという日常的にも感じたアノ感覚はどこかに消えた。
  • 抗体検査を受けようと思うが、わざわざ行うという、やる気が起きず結局は行動していない。
  • ブログのみは歴史が長いので楽しく書いているが、かなり回復してきているがシステムトラブル続きだったのは8月以降の記憶力が明らかに落ちたせいだったと、この記事を書いているとき気がついた。

インフルエンザ同様に自分で注意していても家族から感染などのリスクがあることに加え、私のようにN95マスクを買いだめして、大学はオンライン授業に徹して、出かけたくとも外食に行きたくとも、友人と会うことすら我慢をしても、どうにかなってしまうのだ。

だからこそ!新型コロナウイルスには注意が必要だ。読者の皆様も普段以上に健康管理にはご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました