リーフルダージリンハウス バラスン茶園Flowery ダージリン2020FF 

インド・ネパール
スポンサーリンク

有名な紅茶ブロガー、けyさんから頂いた、今年最初の新茶

私も最初はダージリンFFばかり飲んでいて、無農薬無肥料を求めていつの日か中国茶マニアへと変わっていきましたが、やはり新茶のダージリンには感心が行くものです。

このマイナーチェンジ版、茶の穂⭐本気の中国茶のブログでは、紅茶も少しは扱おうと思います。

蓋碗にて、最大容量130ml 一煎 60ml 浄化済みの熱湯

お湯を注ぐと、周囲に青リンゴや洋梨を思わせるフルーツ香に、カルダモン連想するスパイシーな香りが混じる独特香り感じた、香りの重さはそこまで重くはないが、ミネラルを軽く感じる、香りの持続が長くスパイシーな新緑の感じる、良い香りが13煎目まで耐久した。

口に含むと、ダージリンFFらしい、草花を思わせる、新緑の香りが口の中いっぱいに広がる。余韻や体感は軽めだが、カルダモンと青リンゴのような、キレと爽やかでも強い残り香が20分も残った。

五煎目以降はマスカット系の香りとなってきた。煎進んでも渋み苦味は極めて少ないが収斂性を刺激される独特な軽快さがたまらない♥️軽快さといっても春らしさでなく、秋のお茶のような感覚に近いと思う。

10煎目以降も味わいは耐久して、爽やかなで、ダージリンらしい味わいが淡いながらも継続して驚き。

ただ残念なところは、香りは今まで私が体験したFFをのなかでは、トップクラスの感動だった、ただ若干の舌の上のる独特のエグミを強く感じた。

耐泡次数 2.5g 22煎

二回目 2.5g 20煎

コメント

タイトルとURLをコピーしました