武夷岩茶 | 茶の穂

武夷岩茶

武夷岩茶 武夷岩茶

中国福建省で作られている烏龍茶の一種類、武夷岩茶すなわち岩茶に関するカテゴリーページとなります。

武夷岩茶

2024年の武夷岩茶 ヴィンテージ情報と作柄の予想

店主による2024年の武夷岩茶のヴィンテージ予想は平年なみの出来を予想しております。(昨年度と同水準や越える製品もあるが、多くが雨の影響を受けたが、基本的には平年水準に収束する) 2024年収穫期の天候、4月中は雨が少なく天候に恵まれました...
武夷岩茶

慧苑坑老欉水仙 古井老欉水仙

慧苑坑百年老欉水仙について 慧苑坑(花香)百年老欉水仙は、慧苑坑の核心区域、慧苑寺周辺で育てられている樹齢100年以上の老欉水仙を使用しています。焙煎には半年以上の時間をかけ、3回の焙煎を行いました。比較的温度を下げ、軽めの焙煎を数回施すこ...
武夷岩茶

武夷岩茶梅占 慧苑坑老欉梅占

梅占は安渓県芦田村を原産とする中国茶の品種であり、1821年頃登場したとされており、200年ほどの歴史ある伝統型品種、梅の花を連想する自然体な風味と香気が特徴であり、味わいは梅の風味が占めるということで梅占と名が付きました。繁殖力が強く、年...
武夷岩茶

武夷岩茶白鶏冠

武夷岩茶 白鶏冠 白鶏冠(読み方 はっけいかん)は武夷岩茶の品種のひとつ、茶葉が白っぽく、かつ鶏のトサカ(鶏冠)のようにクルっとした見た目に加え、白っぽい茶葉で鶏冠のようだと、白鶏冠の名前がつきました。 岩茶の品種としては珍しく、茶葉を小さ...
武夷岩茶

三仰峰肉桂

肉桂の原産地 三仰峰 三仰峰と蓮花峰の中間地点は清の時代では玉桂と呼ばれ、現在は水仙とならぶ武夷岩茶の主流品種である、肉桂の原産地であると言われております。当製品は三仰峰と蓮花峰の中間地点から三仰峰寄りの地域で栽培されており、肉桂の原産地付...
武夷岩茶

武夷岩茶の価格決定要因と評価

高級烏龍茶の価格決定要因 高級烏龍茶の価格は余韻の強さ=値段となり、樹齢の高い製品は余韻が強くなる傾向が強いので値段も高くなりますが、北斗峰老樹北斗のように無ブレンドで余韻の長さが特徴的な老欉梅占よりも老樹肉桂の値段が高いなど、岩茶の場合は...
武夷岩茶

水簾洞肉桂/走馬楼肉桂

水簾洞肉桂 (すいれんとうにっけい)水簾洞は武夷山世界遺産登録区域である風景区の一部であり、有名産地である慧苑坑の右横や大紅袍母樹(九龍窠)から北に約500メートルの位置にある岩茶の名産地です。 一般的に武夷岩茶の特別な産地である三坑両澗二...
武夷岩茶

水簾洞老欉水仙

水簾洞老欉水仙 水簾洞老欉水仙、読み方(すいれんとうろうそうすいせん)武夷岩茶なのに透き通るような透明感に加え、爽やかで煌めくような香り、深く伸びる余韻をもつ花香老欉水仙を入手できたので発売します。 産地水簾洞の特徴 水簾洞産岩茶の特徴とし...
武夷岩茶

鬼洞風月 高山鉄羅漢

鬼洞風月(高山)鉄羅漢は樹齢の高い岩茶の伝統型品種である鉄羅漢のみを使用、この価格帯ながら多品種の混入無しの鉄羅漢、海抜600m以上かつ樹齢30年超、武夷山市内の高山茶区にて鉄羅漢の原産地である慧苑坑鬼洞に近い生育環境を探して、そこに植えら...
武夷岩茶

振興杯金賞肉桂 品評会で勝つための岩茶

振興杯金賞肉桂 2022 2022年武夷岩茶の品評会(コンテスト)である振興杯にて、この製品は上位2%の金賞を受賞。出品された風景区産(正岩核心産区)の肉桂549ロットの中から、トップ15位以内に入選。厳しい試飲審査によって評価された、金賞...
タイトルとURLをコピーしました