武夷岩茶 | 茶の穂 香木と本気の茶
武夷岩茶

武夷岩茶 水金亀  

水金亀(すいきんき)武夷岩茶の品種の一種その名前の由来と歴史 水金亀  名前の由来 清朝末期に茶樹の外見が低く、枝や葉が密集しており、芽吹いた際には金色に見えること、樹形を遠くから見ると亀の甲羅に見える。 さらに茶...
武夷岩茶

金賞肉桂 

金賞肉桂(きんしょうにっけい)現地の文字に近い字体で(金奨肉桂)は武夷星が主催する岩茶コンテストに出品されて金賞を受賞した物、コンテストの受賞品でなくとも金賞を冠する場合も多いが、この茶は250以上の肉桂茶から選ばれた受賞品だ。 ...
武夷岩茶

桐木肉桂

桐木肉桂(とうぼくにっけい)は武夷山の世界遺産登録地域(風景区)の奥にある正山小種の発祥の地である桐木関で作られた烏龍茶だ。岩茶ながら風景区の肉桂とは異なる華やかで煌めきある味わいが特徴だ。 桐木肉桂 茶葉2....
武夷岩茶

武夷岩茶 半天腰

半天腰(はんてんよう)淹れていると、味が変化する様子を妖しげに例えて半天妖とも言う。武夷岩茶の四大名叢のひとつ。名前や伝説と感想まで 半天腰・半天妖 名前の由来と伝説 明の永楽帝の時代、天心村永楽寺の住職は輝く宝石を口に...
武夷岩茶

純種大紅袍 奇丹・雀舌

ブレンドしていない大紅袍のページ・・・岩茶の品種である奇丹・雀舌その茶の記録 伝説の大紅袍・奇丹 伝説の大紅袍こと奇丹(きたん)は風景区大紅袍こと九竜窠の一角にある世界一高額な値段がついた等の伝説を複数持つ大紅袍の母樹6本のう...
武夷岩茶

牛欄坑肉桂

武夷岩茶の中でも特に高値で取引される肉桂、それが世界遺産風景区内にある五ケ所の名産地のひとつである三坑両澗を代表する牛欄坑(ぎゅうらんくん)その名称を冠する牛欄坑肉桂こと約して牛肉であると言える、現地ではありふれた名称だが、その産地面積の...
武夷岩茶

試飲と自己責任な岩茶の世界観

鉄羅漢を朝に飲んだ、私は午前中にSNSを触ることが少ないのだが、去年購入した鉄羅漢が今なお美味しくなったとメールを貰って飲みたくなった。余韻もしっかりあり今のところ他の品種の風味らしい味は目立ってなく、鉄羅漢の味わいを保っており、大好きな...
武夷岩茶

喜びの週末・深夜の岩茶タイム

11月中旬・・寒くなってきました・・・岩茶が美味しく感じられる時期でもあります、岩茶を飲んで温まりつつも夏に買い込んだアイスクリームを消費しようと温かい岩茶と共に飲んでいます。 深夜に茶を飲むなんて!!いやいや違いますよ(笑) ...
武夷岩茶

岩茶の収集方針 

私個人の岩茶の収集方針は肉桂水仙が基本この二品種を基本として、それらの美味しさをそのままブレンドして香りと味を同等にしつつ、さらにほかの要素において特別な美味しさを表現する大紅袍、そして大紅袍の特別な美味しさ(覇気)を単独で表現する純種大...
武夷岩茶

2020年の岩茶(武夷岩茶)は出来が良く当たり年、、そして正山小種も・・・・

今年の岩茶は総じて素晴らしい出来だと思う。 向こうからの情報によると、去年の秋から今年の茶摘み前まで、雨がとても少なかったらしい、しかし茶摘み後は豪雨により武夷山は、さまざまな被害に遭っている。 そんな武夷岩茶なのだが、、、今...
タイトルとURLをコピーしました