武夷岩茶の販売と価格表 | 茶の穂 香木と本気の茶

武夷岩茶の販売と価格表

武夷岩茶

販売している岩茶は、口感をしっかり感じる物であって、強いミネラル香(岩骨花香)が最初に出てくる一部を除き、正岩茶であること、全て名師級~老師による手作りかつ炭焙の手工品であり、無農薬及び肥料使用量と有無を重要視、仕入れ元の風景区内の茶園契約状態と保有状況の確認、さらに常温放置しても数年程度は美味しく長期保存が可能で、美味しくなり続ける岩茶であるということ。透明感と余韻のある岩茶は現地での評価が高く値段も張ります。このあたりの岩茶は現地ですぐに売り切れるため、岩茶村の人の協力が無ければ入手できません。

武夷岩茶簡易価格表 

このページの更新には細心の注意を払っておりますが、売り切れの際はご容赦ください。

岩茶紅茶価格表 2022年10月01日更新

この項目における名岩産区(正岩茶区)は世界遺産武夷山風景区内で栽培されている茶葉を使用した武夷岩茶(中国の法律における名岩産区の岩茶)すなわち20年ほど前までの産地における正岩茶、この考え方は過去の物であり旧正岩茶と表記。詳細はこの記事へ(正岩茶について)  

高山茶区・桐木関・呉三地等高山区

こちらの表の岩茶は高山茶区とされる、風景区でない武夷山市内の名所、桐木関、呉三地、などの標高600m以上、桐木は1000m以上の高い標高地域産を表記しています、風景区の岩茶と比較して最低倍程度の標高がある為、優れている面も多々あります。ティスティングを繰り返し正岩茶として、口感(ボディ)と岩骨花香を確認しております。

焙煎具合について 

[2]など[3]内の数字は焙煎次数(回数)を表しています。 すべて竹籠と炭火を用いて→(軽い軽火→中火→足火→重火重い)軽火(花香型/清香型とも、1度のみ焙煎)中火(軽火を二次以降に焙煎したもの・濃香型)中火濃香型(花果実香中火と以前は表記・軽火にせず最初から中火を目指し、職人が竹籠を使い弱い炭焙で2-3回の焙煎かつ、アロマにおける果実香が一定水準以上でている物)足火(伝統焙煎型とも・職人が竹籠を使い炭焙で3次以上焙煎)重火(伝統型の足火をさらに焙煎したもの・4次焙煎)

5グラム包装のイメージ この写真の限りではありません。

販売について

10年以上の中国国内にて理想的な岩茶を求め旅行をして、そこかから築きあげた中国茶の人脈を駆使して希少かつ本物の岩茶の輸入を行っております。武夷山風景区内の岩茶は肉桂や老欉水仙は現地にて卸値でも500g2000-10000元程度になり、50g400元、1中国元を20円と日本円で換算して50g8000円ほど、日本において一般商業な利益率にて販売すると3-6倍程度になり、非常に単価が高くなります。小口輸入を行い、現状では趣味程度の販売なので現地程度の小売価格で販売できたら良いなと思います。現在はメール注文のみ、ネットショップ開業予定

産地名と品種について

仕入れ元の表記と説明に準拠しつつ、なるべく正確な産地を自信をもって表記できるようにしております。風景区内の茶園契約状態と茶園保有状況および様々な様々なメーカーを交えたロット製品を比較して、正確性と信頼性を確認のうえ表記(馬頭岩肉桂の場合は風景区内馬頭岩付近の茶園保有等を確認・馬頭岩茶村産内製茶と試飲を確認)風景区内で栽培品種は7-8割を占める肉桂と水仙が中心となっており、風景区産の名叢は現状は鉄羅漢のみとさせて頂いておりますが、奇丹・雀舌・仏手は通常は慧苑坑奇丹・悟源澗仏手等として販売される高品質なものであり自信を持ってお勧めいたします。

包装について

5グラム包装はその種類専用の容器がある場合と無い場合があり、専用容器の用意が無い場合は無地や近い内容の包装を利用いしております。

5グラム包装イメージ 正山小種・大紅袍

販売する岩茶の基準 これらを総合的に考慮

ボディとミネラル(口感と岩骨花香)をしっかりと備えている、正岩茶や名岩産区の茶 (風景区内の岩茶)または無農薬栽培以上の高標高地区産

(信頼できる筋を駆使して入手した手工かつホンモノであること)

半岩茶であっても、一定基準を満たし面白くコスパの良い物は販売します。

熟成で濃厚(おいしくなる)ような岩茶のみ 最低3年は放置に当然耐えて美味しくなるもの

伝統焙煎型の岩茶は秋以降になるまで待った岩茶であり焙煎が丁寧にできている

中国のマニアからの評価が高いタイプ

焙煎は強すぎない、丁寧に焙煎された物かつ火香はあまり強烈でない。

岩茶にしては余韻が強く、なるべく透明感のあるもの

2022年産2021年産ほか年ごとに違いについて

2022年産や過去の出来についてはこちらのページをご覧ください。

(ビンテージチャート・年別評価)

注文・問い合わせはこちら

取引方法

2000円以上の注文から販売いたします。

(送料5gと20g包装は全国一律無料) 取引方法はメルカリまたはヤフオクに出品、

銀行振り込みによる直接取引の場合は上記価格から10%値引き(50g3400以下の岩茶紅茶・一部を除きすでに割引済みの商品は値引きできません・)詳しくは下記の割引/再注文割引についてをご覧ください。 振込先は(三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行)が選択できます。

注文商品と銀行振込の場合は(住所郵便番号及び氏名、領収書の有無)と取引方法を送信頂きますようお願いします。注文商品の名称はC02など符号でも可

またはメール mail@seonyan.com 

  • 30g以上の包装は60サイズ宅配便または定型化外、レターパックにて発送 実費はご負担ください。(要相談) 10000円以上お買い求めいただければ無料で発送します。売り込み手数料は1万円以上でしたらこちらが負担、それ以下は振り込み人負担でお願いします。
  • 5グラム包装はお飲みになる24時間から2時間前に開封して空気に触れさせると、さらに美味しくなります。

販売中の主要な茶を紹介

飲み比べセット (割引価格)

受賞大紅袍と肉桂の飲み比べセット 20g

C02優質賞大紅袍10g(5g×2) S01馬頭岩肉桂中火(5g)2019 S02悟源澗肉桂(5g)

値引き品のC02は包装にヨレなど僅かなダメージがある場合がありますが、中身に問題はありません。特別割引価格 価格4300→3500円 在庫希少 一度限り(振込限定・送料込)

風景区産岩茶のみくらべセットA 25g

  • 特別割引価格 価格4200→3400円 在庫希少(振込限定・送料込1)注文1セットまで

風景区産岩茶のみくらべセットB 25g

  • 特別割引価格 価格4500→3700円 在庫あり 送料込1注文1セットまで

優質賞大紅袍 

优质奖大红袍 (受賞大紅袍) 中火 2019 C02

マニア向け コンテストの固有番号入り

50g包装には、マニアが楽しい固有番号を挿入

5g1300円 50g12000円

在庫 5g包装 有 50g包装 有

2019のコロナ騒動の支援の見返り?から入手した特別な岩茶・本邦では茶の穂だけの独占販売卸銘柄

日本でも有名な祝先生とされる茶師の大紅袍、大紅袍のコンテスト入賞品

2019武夷正岩核心村天心村民间斗茶节 天心村コンクール優質賞受賞品
2019年天心村斗茶赛 审评号#585 (審評番号585) 固有番号入り 

天心村コンテストに入賞の茶を主催者が販売価格を大きく引き上げた影響により暴騰しており、価格を改定しました。今後の入手がきわめて困難であり、現地の相場状況に応じ価格を今後も見直す可能性があります。

馬頭岩肉桂 

中火 2019 2020 2021 軽火 2022

馬頭岩肉桂(馬肉価格リスト)

△条件あり・一度でも、何らかのお取引いただいたことのあるお客さま限定

焙煎 軽火/中火/中火濃香・花果実香中火

樹齢 無印/特級30年超 極品40年超 春一番茶のみ

御茶荘の微店価格1斤500g6000-9600元(5g1200-2000円)となっておりお買い得な価格設定となっております。無印及び特級は樹齢30年以上 極品は樹齢40年超

(販売している馬肉は中国の法律上の茶葉等級はすべて特級となっております。)

極品馬頭岩肉桂(老樹馬頭岩肉桂)は本邦では御茶荘さまより独占仕入れ銘柄で個別ページ・下の写真が実際の茶園・馬頭岩の300mほど奥に位置し岩茶の茶畑の格にて最上位とされる三坑両澗のひとつ悟源澗区域にも重なる(特級畑に相当)から採集されかつ樹齢40年超の春一番原料を使用しており圧倒的な口感と岩骨花香を持っています。中国では極品特別などの表記が法律で制限されるようになり、御茶荘店舗での表記は馬頭岩肉桂のみとなっております。

坑澗肉桂 馬頭岩肉桂の雰囲気を持ちつつも、コンテスト出品仕様の余韻やバランスを重視した正岩茶、馬頭岩茶村で管理している、馬頭岩肉桂や三坑両澗産等の正岩肉桂を配合し、コンテスト受賞歴を持ちコストパフォーマンスに優れています。

猫耳石肉桂(金賞肉桂)

馬頭岩区域の一角猫耳石周辺の茶畑(馬肉の5グラム容器での発送となります)

  • 特級金賞 2019 5グラム5500→4500円 金賞肉桂の専用包装容器売り切れにつき(在庫希少)

悟源澗肉桂 

三坑両澗の一 悟源澗産の肉桂 三次焙煎まで行いやや強めの焙煎を行い三坑両澗肉桂らしく仕上げています。焙煎度合い 足火 2019年産 

5g850円 50g8000円  在庫極僅

在庫 5g包装 50g包装 在庫希少 樹齢30年超   

5g包装イメージ

老欉水仙 

天遊峰(景区天遊峰)・小竹林・桐木関を販売中

天遊峰老欉水仙・小竹林老欉水仙・桐木水仙は本邦では茶の穂だけの独占販売卸銘柄

価格と年号

  • 天遊峰老欉水仙(天遊茶洞老欉水仙・風景区)
  • 2019  5g800円(50gは終了) 在庫希少 軽火
  • 2020 5g850円  8000円   在庫あり 軽火
  • 2021  5g1100円 10500円  在庫希少 中火[2]
  • 小竹林老欉水仙(風景区) 2021 5g700円 20g2400円   在庫あり
  • 呉三地百年老欉水仙    2021 5g3500円   在庫1  
  • 桐木水仙          2021 5g450円 30グラム2400円 在庫あり 

桐木老欉水仙は老欉水仙ではありますが、価格面から老欉の記載はしていません。

2021年の天遊峰老欉水仙を採茶後に運搬している様子

桐木関烏龍茶二種類と小竹林老欉水仙は基本的にチャックつき真空パックでの販売となります。

天遊峰老欉水仙と呉三地百年老欉水仙のページ

桐木関烏龍茶

取り扱っている桐木関烏龍茶は武夷山国家級重点自然保護区内にて無農薬無肥料の完全有機栽培に加え標高1000m以上で栽培された茶葉のみ使用し、武夷山市内で製茶炭焙を行っており、現地の法律では武夷岩茶となり、通関業者さまを通じて小口輸入しております。正岩茶では体験できない強烈な余韻と透明感が面白く、圧倒的な品質を持ちさらにお買い得な岩茶です。

桐木関烏龍茶 桐木肉桂 1000m以上    5グラム650円  20グラム2300円  花果実香中火
桐木関烏龍茶 桐木水仙(老欉)      5グラム450円  30グラム2400円     足火

桐木烏龍と小竹林老欉水仙はこのような真空包装での販売が基本となっております。

桐木関烏龍茶の個別ページ

桐木紅茶

桐木村麻栗にある半野生化した茶樹から採集された茶を使用した桐木紅茶

桐木関百年老欉紅茶

2019 3次焙煎 5g400円 50g3500円(在庫希少)

桐木関二百年老欉紅茶

2019 1次焙煎 5g900円 50g8500円(在庫希少)

詳しくは個別ページをご覧ください。

専用容器と販売単位について

専用5グラム容器の有無と大袋販売について、50g単位の注文で大袋にて販売できる場合は50グラムあたり500-1000円の値引き価格となっております。

専用包装あり

  • 馬肉の容器を利用 馬頭岩肉桂、特級馬頭岩肉桂、極品馬頭岩肉桂
  • 岩茶・仏手・水金亀・鉄羅漢・半天腰・雀舌・奇丹・老欉水仙
  • 紅茶・百年老欉・四百年老欉・金駿眉・野生紅茶・老欉水仙紅茶
  • 5グラム50g優質賞大紅袍

専用包装なし

  • 馬肉の容器を利用 猫耳石肉桂2020 金賞肉桂2019 
  • 百年老欉紅茶の容器 二百年老欉紅茶
  • 20g専用容器 小竹林老欉水仙・桐木肉桂
  • 30g専用容器 桐木水仙
  • 上記リストにないものはすべて、無地の容器で販売

50g大袋販売の無い武夷岩茶商品(売り切れ)

  • 馬肉19・天遊峰老欉水仙・天遊峰老欉水仙21・金牡丹・慧苑坑鉄羅漢20呉三地百年老欉水仙20

真空包装について

チャック付き真空包装での販売品

  • 20g単位 小竹林老欉水仙・桐木肉桂
  • 30g単位 桐木水仙
専用包装イメージ

割引について

銀行振り込み(郵便振替)による直接取引の場合は上記価格から10%値引き

フリマアプリやネットショップ支援システムなどの手数料を加味して価格を考えており、直接取引における割引は他社のシステムを介する際の手数料をお客様に還元するものです。

お客さまへの還元は割引以外にも行う場合があります。

以下の場合は値引きの対象外とさせて頂きます。

  • セットや包装ヨレなどのすでに割引済みの商品
  • 50g単価が3400円以下の商品
  • 注文価格が合計が3000円以下の場合

再注文割引 一度でもお買い上げになった商品が値上がりしても、同じ物ならば次回の注文にて以前の値段にて販売いたします。他に何らかの増量や非売品提供などのサービスなどがあります。

価格の見直しについて

予告なく価格を変更することがあります。

  • 為替状況や現地の相場状況に応じて価格を見直す場合があります。
  • 熟成により価値が上昇する岩茶もあり、価格を見直す場合があります。
  • 円安時値上げ、円高時値下げ(等)
  • 受賞品などの人気相場暴騰や提携店の価格が見直しされた場合には価格は中国国内の価格と茶の穂販売価格との差異を常識範囲にするために何度も価格を見直す可能性があります。

販売量について

希少な物や入手がとても難しい物もあり、なるべく多くの方に体験いただけるように在庫の調整をしており、ご要望の量に応えられない場合があるかもしれません。ご了承ください。

このサイトは長らく、富士華名茶寮研究所さまに長きにわたり支えられております。

岩茶を使った稽古の様子 写真は富士華名先生本人

私の岩茶を初めて飲んで頂いた際に、日本国内で売られている岩茶との違いにたいへん感動して頂いてから取引いただいております、使う茶道具の品質や茶葉そして、何よりも、本人が丁寧にじっくり教えてくださることなどから中国茶教室の講義料金として廉価であり内容を考慮すればとてもお得で驚きです。淹れてもらえる茶の美味しさには驚くものがあり、ご興味のある方、特に東京近辺にお住まいの方は受講・学習用教材茶の購入を強くお勧めいたします。

富士華名茶寮研究所 (講義の申し込み等は以下から)

Instagram

香木の購入問い合わせはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました