鳳凰単叢 鴨屎香

鳳凰単叢
スポンサーリンク

鳳凰単叢鴨屎香(おうしこう)のページ、盗難防止のためにその衝撃的な名称がついたとされる、漢字による表記において(屎)でなく同じ意味である(糞)を利用して鴨糞香という表記もあるのだが、この排泄物を連想する名称を改める動きがあり銀花香(ぎんかこう)という表記が始まっている。

鴨屎香単叢 

名前の由来

詳しい解説・烏崠山には様々な村があり、そのひとつ烏岽村から南西に1Km離れた坪坑头村のある茶農家が紹介された茶を黄色い土壌(鴨屎土)の茶園に植えた、成長後になってみるとその葉は漢方薬のひとつ鴨屎樹(中国固有種のシソ科の灌木)似ていた。村人からその木について聞かれると所有者は(枝を折ってクローン増やされること)すなわち盗難されるのでないか?ということからあやふやに答えた、しかし、結局は村人により枝を折られ増やされてしまった。そして新品種を広める為には覚えやすい名称が良いということもあり、村人により物語が広められた。上記のふたつの鴨屎に関連する話題と盗難防止という話題が積み重なり、さらにその物語が話題性となったこと、優れた品種味から鴨屎香は香型に属さない鳳凰単叢としてはメジャーな物となった。

この単叢はその名称と魅惑的な香気を持つ鳳凰単叢であり、特に日本人に人気の単叢であると中国で単叢茶を扱う問屋めぐりをしている際に数件から話を聞いた、読み方は日本語読みの(かもくそこう)音読みの(おうしこう)でなく茶のを飲みながら排泄物を連想する(くそ・し)という言葉を避けるために普段は中国語に近い(ヤーシーシャン・YashiXiang)と発音している。鴨屎香単叢は香型に属しない独立型の単叢烏龍茶であることから、この個別ページを作成した。

2019

2019年の茶葉

こちらの鴨糞香は深圳の鳳凰単叢専門問屋から購入した、購入したのは2019年5月4日で製茶が完了したのは4月20日で、前日に到着したらしい、問屋の話によるとこのレベルの茶は例年ではこの後一週間で売り切るとのこと、私が日本人と分かったら真っ先に鴨屎香を薦められた、5月初旬は香港から日本向けバイヤーや日本人たちがやってくるらしい、先着順である為、これはコスパが良いからと全量買い取りを薦められた。

価格は500g400RMB スペックは標高400~600mらしい、この茶を売れば日本人(向こうの言葉でりぃべんれん)に間違いなし!私はこの価格帯の茶を求めておらず、さらに上級品を要求したが、試飲時から分かりやすい香りが気に入り500gだけ購入、帰国後は友人たちに配りまくって好評であった。

茶葉3g 洗茶二回 洗茶をしながらでも花の香りが広がる、茶杯からのアロマは蘭やスイカズラを連想する爽やかな花の香り少し冷めるとミルクのような奶香。口に含むと柔らかい香味はメロンやスイカを連想、後味ではセッコクや蘭を連想する花の香りと奶香を感じる。コクは軽く全くないわけでないという程度。

感想 (当時のレート1元18円換算)15g270円と激安であり、焙煎していない早飲みタイプの春茶、樹齢の若さから出る華やかな花の香りと口に含んだ際の弾けるような花の香りが特徴、私の父親や友人たちから絶賛されるこの茶は間違いなく世間受けするタイプ。

あの茶商の言う通りに販売すれば人気が出るだろう。購入から一年間8ヵ月経過したが味は購入当初より良くなっている。コクに感じて言えば、ほとんど無いのだが、はじけるような花の香りと(奶香と芝蘭花香)が顔面に後味として張り付きわかりやすいのが特徴。

よほどのマニア以外に飲ませたら7割は単株や老叢よりこちらが良いと評価されるだろう。ただ鴨屎香でありながら芝蘭香型の花香が出ることに違和感があるが鳳凰単叢を扱う茶商とマニア以外はわからないので問題なし、とても美味しい中国茶だと思う購入して良かった。

夕食後のティータイム、中国茶に詳しくない私の父親にこの標高400mと下の項目の1000m単株を比べてどっちが美味しい?と尋ねたら、もちろん!こっちは香りが強くて味が濃いそうだ。私からすればこっちが味がペラペラで単株が濃く最高だという感想、このような個人の感想の違いは中国茶の世界において価格差10倍以上でも良くあること。

銀花香単叢

名前の由来・鴨屎香から改名?

鴨屎香単叢は坪坑头村から素晴らしい香気を無視して排泄物を連想する名称として広まった、鴨屎香の香りは自然体なスイカズラ(生薬名・金銀花または銀花)のような花香であることがわかり、2014年頃に銀花香と改名されたようだ。すなわちスイカズラの花を連想する香りの単叢茶という意味。

銀花香老欉単株2020

鳳凰単叢銀花香単株の茶樹の画像 お茶の専門店HOJO代表より利用を許可して頂きました。
銀花香老欉単株2020HOJO 茶樹の画像
お茶の専門店HOJOより画像を転載・著作者さまより掲載許可を頂いております。

坪坑头産で標高1000m・樹齢180年さらにブレンドしていない単株という高級品・茶葉2g (単株の余韻をさらに楽しむ為に茶葉は少なめ)洗茶二回、鴨屎香らしいミルクのような香りとスイカズラに加え姜の花を連想する花の香りが広がる。茶杯からの香りはパッションフルーツやライチなどフルーツの香りが優勢、洋梨や僅かにクチナシなどの花の香り、奶香とも言われる乳香の香りも感じる。

鳳凰単叢銀花香単株の茶葉
茶葉の様子 15g

口に含むと引き締め感と柔らかさを感じつつ密度も感じる独特の舌触り、香味は一言で言えばキレイな鴨屎香、ライチや洋梨などフルーツの香味、そして抹茶のような味も感じられる。後味ではスパイシーな花の香り(姜花香の香りに近い)に加え、ミネラルの味こと(自然な旨味)が舌に優しく残り後味の良さは単叢のなかでも秀でている。(コク)余韻の強さも最強クラス、上半身にコクがどんどん伸びるつつ広がり、のし掛かるような強烈さでなく、強いのにゆっくりと伸びて行く優しい余韻のタイプだ。

感想 鴨屎香らしいミルクを連想する奶香味に加え、アロマ(香)はスパイシーで先鋭なスイカズラの花香、香味(フレーバー)では新鮮なフルーツと抹茶、舌での味と後味では山菜を連想する自然な旨味、余韻は優しくそして強く上半身に回る、強いコクが特に好み、味と香りも良く、単株茶らしいコクが素晴らしい。香も味も紛れもなく鴨屎香だが、その辺の鴨屎香とは品質差が凄まじい、透明感が強すぎてギラギラした雰囲気があり複雑な花の香り、名称は鴨屎香でなく銀花香が適正。

コスパ この単叢発祥の坪坑头産、単株の鳳凰単叢、1000m以上、樹齢180年という完璧なスペックをもちながら15g4104円~(税込み)という値段に加え余韻の強さ、2gで850mlを飲めたこと、単株茶でありながらかなり控え目な価格・コスパがとても高い。さらには愛好家的に茶樹の画像を拝見できることはありがたい、それらから考えてもとても素晴らしい体験だった。

HOJOの鳳凰単叢トップヘ

カテゴリー鳳凰単叢のトップへ

鳳凰単叢

鳳凰単叢の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました