香木のブログ初苗庵

伽羅の色合いと分類・伽羅の種類と木質を鑑賞

伽羅の色の分類と伽羅の種類は見た目で判断されて区別されることがあります、かなり大雑把なものに感じることもあるけど、香りの系統や性質には一定の共通性があるように感じます。 この記事は旧ヤフーブログに掲載した(伽羅の色の分類・伽羅の種類 古渡伽羅 緑油伽羅 黄油伽羅 黒油伽羅 紫油伽羅)を改善して再投稿しました。
プーアル生茶・普洱茶

茶の記録 中国とミャンマー国境地帯の野生茶

緬境野生茶 2014 HOJO 緬境野生茶 餅茶 茶葉の様子 茶葉はやや紫っぽく見え、開封後三週間経過したら茶葉そのものからも甘い香りが漂っている。 茶葉2.5g 記録日2020年6...
香木のブログ初苗庵

伽羅を展示してあっても伽羅と言わない(書かない)理由

最近はインスタグラムやTwitterで伽羅の画像を良く目にするようになった。 爆買いの問題や外国人が来れなくなったため、、お香や愛好家たちの警戒心が緩んで伽羅や高級沈香の画像や展示が始まっているようだ。 しかし伽羅とは書いてい...
プーアル生茶・普洱茶

茶の記録 白岩山高山茶

白岩山高山茶を初めて口にしたのは、2019年9月5日に中国茶サロンを経営する先生とHOJOteaへ見学に行ったさいのことあった、ただ試飲した際には、、蜜香は強くは感じられず、後味に微かに香るという感じであった。しかし時間の経過で大化けしていった。
香木のブログ初苗庵

寸聞多羅(寸門陀羅)の観察 

2016年11月11日の記事を再編集しました。 寸聞多羅(寸門陀羅)とは 香道六国の木所の一種 主にインドネシア産の香木軍であり。群流派により使われる香木の品種にも差があり、極めて奥深い木所です。  寸門陀羅・寸聞多羅の...
そのほか中国茶 (白茶・黄茶など)

茶の記録 雲南省産の白茶 白牡丹

今年は白茶のレベルを上げると去年からHOJOさんは話していたが、どうなっただろうか、ついに発売された白茶の記録。 自宅に到着後すぐに試飲して感動した、この白牡丹は味が濃く、白茶でありながら熱湯で煎重ねても味が壊れることはなかった。
全般・お知らせ

2020年7月の武夷山集中豪雨のお見舞い

2020年7月9日前後に武夷山を襲った(集中豪雨)により、私の取引先の卸茶荘のご主人葉さんの車も数台が濁流に浸かる被害を受けてしまったようです。 この梅雨前線は、日本においても九州地方を襲い(九州豪雨)甚大な被害をもたらしま...
鳳凰単叢

茶の記録 鳳凰単叢 芝蘭香・竹葉 ( 凤凰単丛 芝兰香・竹叶 )

hojoteaの2019年産の鳳凰単叢芝蘭香と竹葉を飲んだ記録、同じ香型なので飲み比べをしている。
そのほか中国茶 (白茶・黄茶など)

安渓鉄観音 清香 RIMTAE(リムテー)

安渓鉄観音 清香 2019(リムテー) 2019年産の安渓鉄観音茶、購入したのは去年の年末ごろ、リムテーの菓子が好みで定期的に5年以上は購入し続けている。そのときに、この鉄観音を試飲させてもらい、この爽快な清香の香りに入って...
そのほか中国茶 (白茶・黄茶など)

茶の記録 新疆の薔薇 ダマスクローズ (花茶) 

開封すると茶葉(ドライフラワー?)可愛い薔薇の花がコロコロと出てくる。そのままでも薔薇らしい、花の香りが強く香っている。 カップに注ぐと薔薇の香りがほのかに広がる。 深夜に一個だ...
タイトルとURLをコピーしました