プロフィール このブログについて

作者プロフィール

ニックネーム seonyan02 セオニャン・レンニー

旧ニックネーム ピノグリp (香木のブログ初苗庵) 旧ヤフーブログ

出身 愛知県名古屋市 

趣味 香木(沈香及び六国)・中国茶(主に岩茶・プーアル生茶・鳳凰単叢)・趣味のブログ製作・銀器・茶道具など

茶の穂★本気の中国茶 このブログを始めた経緯

狂気マニアによる中国茶愛好家と先生たちに送るブログ(茶乃穂 中国茶とお茶のブログ byピノグリPを完全新装)茶の穂・本気の中国茶としました。 無農薬のお茶を信条として生涯の本気のお茶探しの旅。このブログはもともと香木とお香のブログを運営していたが、残念ながら資源量の減少など香木特有の状況で素晴らしい香木を入手できなくなり、香木で鍛練した能力を生かして、香木を聞きながら横で飲んでいた中国茶についてブログを立ち上げた、ことから始まります。

このブログについて

香木+中国茶 の二部構成  

  • 香木 (香木のブログ初苗庵) 2016年~

旧ヤフーブログ版の記事を継承改善した内容で香木に関する知識についての内容を中心しており。香道の流派別の鑑賞や香木の国内以外の世界的な価値観に切り込み、木所などの内容では、特定の流派の考えに偏らいないような、香木本来の価値観について探求していきます。

  • 中国茶(茶の穂★本気の中国茶) 2019年~

中国茶を基本として、他の茶も少し紹介、コレクションの記録と独自の茶に関する自分の探究と鍛錬の記録を基本している。フルサイズ一眼レフを利用しなるべく見やすい画像を採用して視覚的にもわかるサイトを目指しています。

  • 香木関係の記事と中国茶関係の記事はそれぞれ独立していて、二部構成
  • 香味の探求や趣向などの範囲でそれぞれの内容はどことなく繋がっております。

このブログはサービス終了となってしまった、ヤフーブログの(各種お香のブログ・ピノグリ初苗庵)と(茶の穂★本気の中国茶)を合わせて再開したブログとなっています。

  • 趣味の調べ物やマニア向けのブログ

これから興味を持つ人にも、楽しめるように製作、香木と沈香や香道に関する読みものに加え中国茶についての探求、中国茶の現地買いと現地訪問を趣向とするマニア目線で書かれているブログとなっており、初心者の方へもわかりやすい内容を心がけております。

  • 独自ドメインの個人ブログの特性を生かした記事づくり

読み手全員に共感を得るような記事や内容ではなく、探求する方、知識や読みもの・・口コミを必要とする読者さまへお届けしたい。このブログは個人ブログとSSD対応レンタルサーバーとワードプレス+独自ドメインを利用した、○○ブログやフリーブログの枠に囚われることのない環境となっている、その独度の環境を生かして、ワードプレスブログの高性能な機能を使いながら、見やすく情報の探しやすいブログを作りたいと思っている。

  • 愛好家ならば何となく知っているが、口に出さない内容

ネット検索や本を読んでもなかなか出てこない内容は、趣味の世界で必ずあることです。それは商売がたきであったり、お稽古をしてれば、書くと破門されるような内容だったりとさまざまです。もともとの香木のブログでは通常は流儀で秘密とされている内容や皆が知っているけど口に出さないことを掘り下げていました。そのため当時は、ある程度は検索で出てこないように作りこみをしていて、キーワード検索や画像検索などから見つけて下さって読んでくださる方にお送りしていました。一部でご感想などを頂き、(香道を十年以上もやっているが、まだわからない内容が解けた)(無料で出すには惜しい)(流儀に入っていては逆にわからない内容で勉強になる)というご感想を頂き嬉しく思います。

  • マニアだからわかる深さ

マニアや愛好家は探求者でもあるため、不確かな情報を調べ上げて実経験で解決する。お茶づくりでは探求と改良を重ねている物でブログの内容やデザインも絶えず改善していきます。

  • 世間の価値観と乖離してこそのマニアック(愛好家)

1g数万円の香木を素晴らしいと買い込む、世間で茶に使う金額とはかけ離れたお金を使ってでも茶を買い飲む。趣味でない人間にはわからない(趣味の世界のブログという位置)趣味の世界(マニアック)な世界はマニアにしかわからない世界、そんな香木と中国茶の世界のブログです。

  • 愛好家の好む茶と香木と特殊な知識

中国茶の場合は最初に良いと覚えたはずのお茶が飲みつけていくと、上級者の世界では低く見られていたり、別の価値があると気がついたり。すなわち、大衆受けするお茶とマニア受けするお茶は必ずしも一致せず。香木の世界でも同じくマニア受けする香木と大衆受けする香木は必ずしも一致しない。しかしながら大衆向けとマニア受けの品物のどちらが良い物かは、誰でも意外にわかる物だ。

  • 初心者でも本気で学習をしようとする方へ

香木も茶もあまりに初心者のためのページは作くるつもりはないが、初心者でも上級者であっても、読んで頂いてある程度は楽しめる内容になるよう努力はしています。このブログに書いてある内容を頭のどこかに入れておけば必ず実世界のどこかで役に立つだろうと思う。

  • 何を書いてあるかさっぱりわからない場合

香木と中国茶は趣味の消費品として似ている性質があると思う、どちらもマニアックな奥深い世界、このブログを読んでも何を書いてあるかわからないのはフツーの感覚なのかもしれない。

  • 中国茶 (初心者)

頭ではなく、お茶を飲んでほしい、高級品を覚えるためにはとにかく単価の高いものを購入して上級品とされるお茶を飲みつけることだ。高級茶を普段のから飲むことにより、涵養に覚えてしまう。 初心者向けに運営されいるプロフェッショナルのブログを読破してから、また見に来てほしい。

  • 香木 (入門者)

香木の世界は間口も狭く、奥がとても長い、本や文章だけでは全く覚えられない。基本的には秘密と直伝の世界であるため肝心な情報は文章化されにくい、さらに優質な香木と出会うのは非常に険しい道のりだ。旧香木のブログの初期の展開をしていたころは、まだ香木についての書籍などは皆無であったが、現在は優秀な書籍や聞香教室や聞香サロンなどがあるので、そちらちらで予備知識を蓄えてから見にきてほしい。

  • 私が10年以上もブログを書く理由

私がブログを10年以上書いている理由は、覚えたことを忘れないようにするためである、作者は物覚えに関しては、良い方だと思うが、豊富な知識を吸収しても、時間が経過すれば忘れてしまう。正確に言えば完全に忘れるのではなくマニアックなところまでは思い出せない、そこで過去に書いた記事を見返すことにより続きから思い出すことができる。そのため趣味のページであっても、ブログを書くことを趣味としているため、作りこみを行い使い易く見やすいよう制作する。ブログによる収益をほぼ期待していない。

旧ブログ紹介

各種お香のブログ ピノグリhttps://blogs.yahoo.co.jp/paichangandiichangは超マイナーな香木マニアを増やすためのブログでしたが、私は実感も無く、、負の側面ばかりを感じてやめた(その後ヤフーブログ自体がサービス終了)だが香木マニアが居ることがわかった以上は再公開したいと思う。

作者のTwitter (無言フォロー歓迎)

アイコン画像について

このブログで利用しているアイコン画像は、カップと人物画やティーカップ擬人化などを得意とするイラストレータの(四月さん)に依頼して作成していただきました。 手にしているこのカップはロイヤルコペンハーゲン・フルレースのデミタスカップ(1961年製)を擬人化していただいたのです。

アイコン画像の利用範囲は作者と協議済み画像の著作権は作者に属します。

正山小種を飲み始めた理由

正山小種(無煙)というお茶は、当時は紅茶マニアだった私が中国茶の感動を覗くことができるそんな茶だった。 近所の喫茶店にて始めて飲んだ正山小種は最凶の香りと味だった。本物を知りたくて中国へ飛んだ際に。インドネパールの紅茶飲みだった、私を中国茶沼へ落としたのは御茶荘さんに振る舞ってもらった正山小種(無煙)だった。現在であれば無煙の正山小種の取り扱いが日本でも増えているようだが、当時は非常に珍しい紅茶だった。以降は正山小種を基本として岩茶やプーアル茶に手を伸ばして行ったた。

茶を紹介する理由

プーアル茶を飲み出した経緯

作者のインスタグラム

おすすめ記事 茶の穂★本気の中国茶 (中国茶・お茶関連)

茶の穂★本気の中国茶

中国茶の記事・記録

マニアの見解による茶壷(急須)とお茶の美味しさの関係
金駿眉ができるまで 動画をまじえつつ製茶から一貫して記録
マニア目線での岩茶

おすすめ記事 香木のブログ初苗庵 (香木・沈香・伽羅・香道)

404 NOT FOUND | 茶の穂★本気の中国茶&香木のブログ初苗庵
お家で茶を飲み、香木を炷き、パンデミックを乗り越えよう!

香木の記事一覧はこちら

香木の贋作を知り品質を見極める。
伽羅の色の種類の独自の識別方法 旧ブログに大量拡散
香木の移動と価格の高騰について

最新の記事一覧

カテゴリー一覧

お知らせ 不具合情報 (2020年6月22日)現在

発リンクやSNSやブログ内の画像重複な2が考えられる自動ペナルティをgoogleから受けてしまい、検索順位が大きく落ちてしまったため、不本意ながら、このブログからの交互になっていない発リンクを一旦すべて削除させていただきました。様子を確認して再度掲載します(引用を除く)

このサイト内のTwitter連携に関する不具合を手動補正したものの、ワードプレスの自動更新後に再度発生してしまい、対策がこれ以上できないため不本意ながら、かなり削除させて頂きました。

記事内の誤字脱字はご了承ください、発見しだい訂正いたします。

タイトルとURLをコピーしました