香木のブログ初苗庵

六国五味の観察・聞香日記 真南蛮 

真南蛮とは面白く単純でも幅の広い木所だと思う。そして、さまざまな意味があると思う、香道における六国五味の一種であり、最高級沈香という意味であったり、基本的には普通の沈香よりは良い沈香という意味だろう。他にも伽羅らしくない伽羅という意味も含...
武夷岩茶・岩茶

岩茶の収集方針 MABOROSHI 特別な感想 

私個人の岩茶の収集方針は肉桂水仙が基本この二品種を基本として、それらの美味しさをそのままブレンドして香りと味を同等にしつつ、さらにほかの要素において特別な美味しさを表現する大紅袍、そして大紅袍の特別な美味しさ(覇気)を単独で表現する純種大...
プーアル茶・普洱茶

茶の記録 仙宿山古樹生茶 2013 HOJO

HOJOの仙宿山古樹生茶は煙味(高香)がアクセントとなる個人的に特に好みのプーアル生茶であり、高香に理解のある方が飲めば最高の茶だと思う、高香に慣れていなければ、最初は違和感を覚えるでしょう。居間に放置するとか、その辺の置いておく(放置雑に扱う)などでも、美味しくなっていき、驚きの味わいが出てHOJOのプーアル生茶の虜になった。
香木のブログ初苗庵

沈香の品質と等級を見極める。

沈香・伽羅には同じ物でもランクや等級があり、値段も香りも品質も大きく異なる。そのランクや等級はどのような基準で決まられるのか?それは沈香(伽羅)の断面や色・密度・木質などを観察すれば、香木の品質高低が分かるようになる。品質をある程度知ることで、良い香気を放つ香木とも出会うことができる。
武夷岩茶・岩茶

2020年の岩茶(武夷岩茶)は出来が良く当たり年、、そして正山小種も・・・・

今年の岩茶は総じて素晴らしい出来だと思う。 向こうからの情報によると、去年の秋から今年の茶摘み前まで、雨がとても少なかったらしい、しかし茶摘み後は豪雨により武夷山は、さまざまな被害に遭っている。 そんな武夷岩茶なのだが、、、今...
香木のブログ初苗庵

香木は中国へ渡るべくして渡っていったと考える理由

考えをまとめるまで書いていなかったが、私が聞香のついでに飲んでいた、中国茶を更に深めているのは、香木の入手が困難になり代替の趣味として、更に香木の香味を更に理解するためであると最初に決めていたのだが、すっかり中国茶に魅了され、マニアになっ...
香木のブログ初苗庵

伽羅の色合いと状態による分類・伽羅の種類と木質を鑑賞

沈水香木(沈香)の最高級品である伽羅は、香木の王者であることは、その驚くべき高価な値段と希少性から明白な事実であると言える。しかし、伽羅には様々な色合いがあり、見た目があり、木質や香りまで異なるのだ。緑油伽羅など特別される色による分類以外にも分類法は多岐にわたる区別方法は国や文化ごとに違う、新記事では色に加えて木質や状態などを鑑賞したい。
プーアル茶・普洱茶

茶の記録 中国とミャンマー国境地帯の野生茶

緬境野生茶 2014 HOJO 緬境野生茶 餅茶 茶葉の様子 茶葉はやや紫っぽく見え、開封後三週間経過したら茶葉そのものからも甘い香りが漂っている。 茶葉2.5g 記録日2020年6...
香木のブログ初苗庵

伽羅を展示してあっても伽羅と言わない(書かない)理由 香木の画像はあまり出さないほうが良い訳

最近はインスタグラムやTwitterで伽羅の画像を良く目にするようになった。しかし素晴らしい伽羅を出していても伽羅とは書かなかったり、あやふやにしたり、する場合が多いのだそれはなぜだろうか?香木の画像をインターネットに出すのはあまりお勧めしない・・・・
プーアル茶・普洱茶

茶の記録 白岩山高山茶 HOJO

2020 No1  茶葉の様子 撮影 2020年7月21日 今年は散茶で発売された。茶葉は整っており、揉捻が美しくい。開封翌日には茶葉そのものからも、蜜香が出ていた。 茶葉3g 洗茶二回 周囲...
タイトルとURLをコピーしました