武夷岩茶 仏手 | 茶の穂 香木と本気の茶

武夷岩茶 仏手

武夷岩茶
スポンサーリンク

仏手は武夷山岩茶の一種類であり、読み方は(ぶって)希少品種であり生産量が少なく珍しい岩茶だ。名前の由来は葉が大きく、その葉に独特の葉脈とシワがあり、それが仏さま(仏像)の手に見えることから。この茶の産地は風景区からは、やや離れた標高800~1200mの名産地である呉三地である。

2020 焙煎具合(足火)

茶葉3g 荒茶二回 周囲にはムースやクッキーを連想する香りが広がる、茶杯からのアロマは甘い蜂蜜とミネラルの香り、口に含むと標高の高い茶特有の引き締め感のある舌触りに加えフルボディ寄りのミディアムボディ、香味は漢方薬の甘さ、焙煎から来る甘さが良い、後味も同様だが、シナモンや黒糖、チョコレートケーキを連想する、豊かな後味が特徴的。余韻(コク)の強さは喉付近で強く感じ、もわりと肩の下付近まで降りる。コクは老叢でない岩茶としては強く老叢仏手と書いても良いレベルかもしれない。

価格 日本円換算50グラム8300円

コメント

タイトルとURLをコピーしました