沈香の採集の様子 パプア沈香を掘る 沈香ハンター

スポンサーリンク

私たちが沈香をどのように採集されているかという疑問です。
基本的に沈香の採集方法は複数ありますが今回の例は沼地での採集風景です。
 
イリアンパプア・パプア島・南部ベトナムが沼地採集が多いらしいです。
今回はインドネシア・パプア州での沈香採集風景を紹介します。
沼地に沈んでいる沈香を探します。
 
熟結水沈 真南蛮や寸門陀羅は沈香樹が生育し自然枯死した後 沈香が生成された樹脂の部分のみが残り土や沼や川に埋もれます。沼や川に沈んでいる物は水にしずみます。
 
イメージ 1
船でジャングルを進みます
イメージ 2
採集ポイントに到着しました。 沼地です。
イメージ 3
イメージ 4
採集は素手で行います。
イメージ 5
採集された沈香 当然 熟結水沈です。
 
イメージ 6
手で探しています。
イメージ 7
発見しました!沈香です!
イメージ 8
大物が取れました。
イメージ 9
かなり嬉しそうなので大物は貴重なんですね!
イメージ 10
集められた沈香はバイヤーに売る前に検品します。
イメージ 11
仕上げに彫刻刀などを使い表面の皮の部分をそぎ落とします。
(皮の部分は色も悪く、香りがほとんどしないためそぎ落とします。国内で沈香を買うと彫刻刀の跡がありますね!)
イメージ 12
最後に集められヘリで出荷されます。
 
パプア沈香について
水沈沈香で有名なパプア沈香は国内にはほとんど入ってません。
香りの系統的には聞香には適していないようで、沈香オイルやアラブ方面に出荷されるようです。
 
動画 中文 Indonesia Papua 沈香採集
印尼巴布亚沉香采集

香木のブログトップへ

香木のブログ初苗庵
香木・お香の各種記事  香木・お香の各種記事一覧 ご訪問ありがとうございます。このブログ内の記事における見解はすべて個人主観に基づいており、内容を読み手さまの中で解釈して頂き、お役立ていただければ幸いです。
タイトルとURLをコピーしました