練香の簡単な歴史とメリットデメリット | 茶の穂 香木と本気の茶

練香の簡単な歴史とメリットデメリット

線香・お香各種
スポンサーリンク
練香の歴史

香道よりも、煉香は歴史がある。(平安薫物文化)

煉香は紀元前に古代エジプトで誕生し、754年ごろ鑑真和上により、日本に伝授されました。そのような歴史から現在でも中東圏では、主流の芳香剤であり。
アラブ首長国連邦などオイルマネーで潤う湾岸諸国では、練香(バフール)を使用しない地元民「local」は居ないと言われている、平安の薫物文化のように、各人、各家庭が独自の香りの練香を現在も作り、自分たちで使用し、さらには、町ちのいたるところで焚かれているという。
何時かはドバイにも行ってみたい。
⇒wikipediaやアラブ系サイトなど参考まとめ

練香のメリット
燃焼時間が長い
価格が基本的に安価「もちろん高級品はのぞく」
自作することで比較的簡単に作ることができる
香炉でなくても何らかの熱源があれば芳香する
練香のデメリット
市販のスパイスなど身近な材料で作ることができる
保存に気を遣う
保存期間が基本的に短い
基本的には、一部の高級品や安くて良い物は冬季しか出回らない。
タイトルとURLをコピーしました