茶の記録 鳳凰単叢 黄枝香

鳳凰単叢
スポンサーリンク

中国潮州産の鳳凰単叢烏龍茶の香型の一つ黄枝香のページ 黄枝香型の宋種・老仙翁などもこのページに掲載予定。

黄枝香単叢 2019 HOJO

黄枝香 2019の茶葉 蓋碗の中の茶葉は2.5g

茶葉そのものからの香りは甘い洋梨の香り+何とも表しようの無い、原料の良い茶葉から出ている重く独特の強い香り

4煎目 柚子餡の練り切り

日時2020年8月25日 茶葉3g 外気温38度の酷暑の為 普段より濃いめで抽出

  • 洗茶二回 一煎目 アロマはユリ 口触りが良く、柔らかくまったりした甘い香りが広がる、、舌で感じる密度がとても濃い、フレーバーは洋梨+ユリなど花香り、余韻がさらりとしていてもしっかり👍喉を通過したあと口の中に戻る甘さがとても良い。
  • 2煎目 味わいが一煎目よりそのまま強くなる。 三 甘さに単叢独特のキレが出てくる、喉で感じるフレーバー(香味)が強い。
  • 4-5煎目 味わい変化、薬草を感じるスパイシーなフレーバーに果実でなく甘草のよう甘さ感じる。 
  • 6煎目 アロマには動物性のバターのような香りを感じた、フレーバーは濃厚なスパイス(クローヴ等)で美味しさが引き立つ。
  • 7~9煎目 
  • 7煎目からは薄くなっていった。かなり濃いめに入れたので、調節すれば15煎は余裕だろう。
茶底 9煎目
  • 飲んだ後の感想 喉にスパイス感じるフレーバーが20分も残り、濃いめに煎れたために後味がさらに濃く、飲み終えたあとの快感が素晴らしい。

黄枝香単叢 濃香 2015 HOJO

黄枝香 2015の茶葉
黄枝香 2015の茶葉 蓋碗の中の茶葉は2g

茶葉は濃香らしいチリチリとした茶葉

2020-9-1 茶葉2.5g 5煎程度を茶海に移して飲んでの感想。

  • 陳年茶特有の落ち着いた雰囲気でスッと身体に染み渡る優しさに加え、最初に桑の葉とラズベリーの香が出てきて、口に含むと香味に乾燥させたバラと果実(竜眼や白ブドウ)を連想した。
  • 雰囲気とは?なんとも表しようのない(製茶の違いからくるのかな?)とても面白いお茶であった。
  • 後味の長さがやはり良く、薄めにで飲んでも自然体で口腔に香味が残りやすく満足感が高い。
  • 茶葉からしてこれぞ完璧に熟成された濃厚タイプという状態で良く締まっており何とも美しい。
  • 2.5gで13煎ほど飲んだが個人的には熟成タイプの鳳凰単叢は特に満足感が高い
  • 2020-8-29 茶葉2.5g 開封当初において、なんだか自然体な香りでなく、硬さを感じる香水的な香りに感じてしまったが、開封3日目の本日に飲んだときは、香りが華やかでも自然体でさらに素晴らしくなっており絶句した。
  • やはりHOJOから茶葉を購入したら数日は空気に触れさせて香りが強くなってから飲んだほうが良いと再認識した。

HOJO の記録一覧へ

hojotea HOJO

HOJO茶の記事及び記録の一覧
ブログ内タグ hojotea

コメント

タイトルとURLをコピーしました