武夷岩茶 大紅袍  | 茶の穂 香木と本気の茶

武夷岩茶 大紅袍 

大紅袍 受賞物武夷岩茶
スポンサーリンク

大紅袍について

  • 大紅袍(だいこうほう)は福建省武夷山とその周辺で作られる青茶である武夷岩茶の大紅袍は肉桂水仙と並ぶ代表的な銘柄で中国茶を代表する銘柄
  • このページの大紅袍は品種物の岩茶をブレンド物の大紅袍のページ

これは老欉水仙や肉桂をはじめとする品種物の岩茶をブレンドすることにより、その強い美味しさを強く表現したり、香りの特徴などを生かして味が作られる。

味の深さや後味のほか香気のアピール力が美味しさを感じやすい。

この特徴から、世間において人気となって日本では非常に高額な高級品というイメージとなっているが、現地においては品質高低の激しい茶という認識となってきており、空港の売店や量販店においても多く見かける銘柄であり、実態は品質も価格も千差万別のピンキリであるため、一概には高級品とは言い難い。

ブレンドしていない純種大紅袍や二代目大紅袍についてはこちらの記事をご覧ください。

大紅袍 御茶荘

参考事項(焙煎を終えて出荷時期された時期とロット)(焙煎の強さ・雰囲気と加減)

ブレンド物と単一品種の物があるがこの項目ではブレンド物を扱っています。

共通事項・春一番茶を使用・炭火を利用した炭焙・試飲では2.5g使用

極品 2020

6月・新緑を味わう新茶タイプの軽火

焙煎が非常に軽いのが特徴・若々しい雰囲気

茶葉の様子 2020年7月26日撮影

お湯を注ぐと肉桂(岩茶の品種名)を連想する鋭く甘いトップノートと鋭い甘みが周囲に広がる。アロマは強いミネラル感と新鮮なユリや蓮を連想、口に含むと密度を感じ立派なフルボディ、フレーバーではブレンドされている岩茶の品種由来と思われる、香味を次々感じて面白い。5煎茶目以降は味に深みが出てきて大紅袍らしい濃厚さが続いた。岩茶としては余韻もそこそこあり、後味は特に長い。

次々に出現する岩茶の品種味

  • 口の中に茶液が残っているときは・最初に肉桂花香を感じつつも、後から水仙を感じる水仙花香半天腰のような濃密な甘さ最後に鉄羅漢を感じる深味。
  • 後味では・・飲んだらあと数分後に北斗を連想する甘さを喉に残る(喉韻)で奇丹雀舌などブレンドしない大紅袍らしさを感じ、再度上がってきた甘さでは老欉水仙に共通する水仙花香と叢味と飲んだ後の快感が持続した。
  • 基本的な味と香りは肉桂水仙・口当たりと舌触りは水仙、余韻や飲みごこちは四大名叢というイメージで岩茶を一つ堪能できるような濃密さが面白い。後に残る気持ちよさ?は老欉水仙だった。

感想・高級な岩茶の品種である馬頭岩肉桂老欉水仙に名欉の品種味を加えて岩茶の良いところ取りをしたようなお茶であった。肉桂の華やかさと水仙の味わい深さ希少品種のさらに強烈なおいしさ

さすがは大紅袍という、素晴らしい茶

優質奨大紅袍

 11月の天心村コンテストの後に販売されたロット・現代的な雰囲気の軽めの中火

中国語表記 优质奖大红袍 (2019年天心村斗茶赛受賞ロット)

武夷岩茶の権威あるコンテストである2019年天心村斗茶赛で優質賞(优质奖)を受賞した、大红袍であり、優質勝优质奖は訳すと優良質賞。

  • 丁寧な作り・優質な大紅袍
  • 最近は有名になりすぎて、量が大量に出回り中国では品質が安定せず(北斗が大紅袍の原種でなかった) などゴタゴタをしてカオス化している大紅袍という茶のなかでは、かなり優れたお茶であるという保証と証明ではある。
茶葉の画像
  • 茶葉は美しく整っており、岩茶にしては目を引く完成度。
  • 焙煎もムラなく完璧に火が通っていて、熟成がとても楽しみなお茶です。
  • 確実に1年寝かせたほうが、味は更に強くなり様々な意味で強固になるでしょう。
  • 焙煎は中火ピッタリなので熟成にも適しています。
  • 味わい香りと茶人たちの感想
  • 優質奬をもらった大紅袍なので、一般的な焙煎の強い大紅袍の味わいとはやや異なるイメージがある。
  • コンテスト茶に見られる(無欠点型の茶)に近く余韻と味わいの感性が呼び覚まされる。
  • 最初の香りは岩骨花香を感じる(ミネラルの香り)、穀物系の甘い香り、次に重量感のある乾燥フルーツの香りが柔らかく広がる。
  • このなんとも言えないミネラルの香りが満足感を高めてくれます。
  • 口に入れるとイメージは上質で、余韻が深く、大紅袍における(覇気と岩韻)は上品で美しい。 
  • 私はいつでも飲み続けられる、濁りが無く透明感があるにも関わらず優しさと気品と大紅袍特有の詰まった美味しさにあふれたこのお茶が特に気に入っている。
  • 岩茶を普段から相当な種類を経験された方や舌に自信のある方には(今までで一番最高や絶品、、他は飲めなくなる)などの感想を頂いておりとても好評だった。

この茶は中国において近年の流行のタイプであるため、焙煎が弱めである。

  • 日本において焙煎強めの逆にコンテスト受賞系列の高級茶を慣れない方は(味が薄い・大紅袍の癖に軽い)等のネガティブ評価が来ます。
  • 原価が高く日本で良く売られている大紅袍とは、中国での評価も値段もかけ離れているのがこのお茶です。
2020年2月3日 夜 茶葉2g 蓋碗容量80ml
  • 茶葉は少な目で飲むのがお勧めです。
  • 容量80-90ml蓋碗(お湯は60ml程度)に2g
  • 容量100ml程度の茶壺に茶葉は2g~3gがお勧め。
  • 茶壺で飲んでいる写真の茶壺の容量は110ml 大紅袍専用で4年使用しています。
  • 茶壺で茶葉は2.5gで8煎は余裕でした。 
  • 蓋碗で2gだと10煎~13煎も飲むことができます。
  • 長く飲めて優秀で満足感がとても高いお茶です。
  • 香りは重く、お茶の味は軽快なのでお菓子やフルーツと一緒に飲んでも相性が良く、双方の美味しさが強調し合い美味しさは格段に上がる。
  • 茶葉5g  容量110ml程度の茶壺に茶葉5g 煎が岩茶であってもとっても長い25煎も飲むことができた。抽出は、1煎目1秒で5煎目まで3秒です。
  • 情報 
  • 名称 优质奖大红袍 ゆうしつしょうだいこうほう
  • Yōu zhí jiǎng dàhóng páo
  • 年号 2019年 春
  • 品種 岩茶の品種をブレンド
  • 受賞情報
  • 2019武夷正岩核心村天心村民间斗茶节(2019年天心村斗茶赛) 
  • 優質賞 (优质奖)审评号#585 (審評番号585)
  • この茶の記録
  • 食後のデザートの相性はとても良かった。りんごとの相性ば抜群であった。
  • 2020年2月3日 夜 茶葉2g 蓋碗容量80ml 茶杯かカップか?
  • 先ずは茶杯で飲んでみたした、口に入れたときの感触は良好、キレがあり、後味に複雑な甘さが残りとても美味しいです。
  • 途中5煎目から、ロイヤルコペンハーゲンブルーフルーテッドフルレース1960年代のカップを利用しています、口感は更にフルボディになり、キレは更に強くなりました。
  • 結果 どちらでも良いがカップがやや良い感じ。
  • 旅行先にて

お菓子と合わせても、素晴らしい味わい

2019

夏(お盆前後)に販売されたロット・伝統型で強い加減の足火

  • 洗茶、無骨な雰囲気の何とも言えないフルーツ香りが漂う、強いミネラルを感じる独特の強くて豊かな香りだ。
  • 2煎目の香りは、ケーキや菓子パンを思わせる、何とも言えない甘い香りがしている、口に含むとミネラルに加え、特大ボディで大紅袍独特の強さを感じる。
  • 三煎目以降はまさに、骨を感じる?強いミネラル感だ、花の香りとフルーツの香りともやや違う(ミネラル)潮風や海岸を思い起こす、この大満足の香りがたまらない(岩骨花香)
大紅袍2019  蓋碗で飲む
  • 口に含むと特大ボディに強いミネラルを感じる、透明感とは逆の濃密で緻密なミネラルの美味しい感じながら、飲み込むと後味に強い甘さが残る、そして喉の周辺に、癒しの心地よさを飲んだあとに感じる。(岩韻明瞭) (牙白蓋碗130ml  茶葉2g )
  • 総合的な感想
  • 大紅袍は岩茶の基本的な美味しさを強烈にアピールであり、岩茶の基本茶であると思う。
  • 何が基本茶なのかと言われても難しいが、岩茶の癖になる美味しさや、味わい、後味を、強く表現していて、理屈なしで美味しい。わかりやすい、病みつきになる。
  • 大紅袍は自分が初めて飲んだ岩茶であり茶沼の入り口 はじめて買った岩茶でもある、この茶壺も専用にしている。完璧な伝統型の火加減・・・・・感動の覇気そして、強さ。

情報

販売者 御茶荘 上海大寧国際茶城2階

年号 2019年春一番

焙煎 炭焙 足火 (伝統焙煎)

品種 さまざま 肉桂・水仙・鉄羅漢など複数をブレンド

茶葉の計量にお勧め。

Amazon.co.jp

ブレンドしていない大紅袍の記事はこちら

御茶荘の茶のトップへ

御茶荘
御茶荘さんのお茶の記録 上海市大寧国際茶城二階のお茶の店

中国茶トップへ

中国茶
カテゴリー中国茶(茶の穂★本気の中国茶)自然栽培を愛する作者が飲んだ中国茶のブログ、読者さまの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました