茶の記録 鳳凰単叢 蜜花香・蜜桃香(水蜜桃香)

鳳凰単叢蜜花香茶葉 鳳凰単叢
スポンサーリンク

老欉蜜花香 2019 

  • こちらは上海市で購入した単叢 値段500g5000RMB 標高800-900m 樹齢80年 とのこと。
  • 香りの良さと老叢らしい余韻、煎を重ねてても落ちない味わいと香り。
  • 蜜蘭香から蜜を取り除き花香を強くしたタイプ。
  • アロマはフルーツ主体の軽いマンゴーライチ系と例の蜜蘭香の特徴ある甘い香りが無いため、フルーツの香が強い印象

最新の感想 2020-3-17

  • ゆたかなフラワーのアロマに姜花香のようなスパイス(胡椒、カルダモン)のような香りが出てきた、全般的な印象はローズの花ような甘さへと急速に変化してきて、購入当初は蜜蘭香にからフルーツの香りを除去しただけの印象だったが、突然の開花となりました。
  • 余韻も深く、なんとも魅力的な素晴らしいお茶へと変化してきている。
  • 500gが5000RMBと高額だったが、明らかに蜜蘭香でなく、まさに開花という印象。
  • これが蜜花香の実力であったと思う。
  • 独特雰囲気から総じてローズティーに似た味わいと感じることもある、ライチやリンゴを思わせるる香味は、キレのある甘さが特徴に感じる。苦味渋みのような後味を美味しさと感じる、後味がときにかく強いが、酸味は感じられない。
  • 味の濃さが、残る味わいは、熟したフルーツ味わいが15分も継続した。

濃香タイプへと進化

  • お湯を注ぐと出てくるスパイシーと感じるような香りは、良く観察すると、アロマにブルーベーリーやラズベリーを思わせる香りとローズとすみれを思わせる香りが、複雑かつ濃厚に入っている華やかに広がるというよえりは重たく広がる印象。フレーバーもほぼ同様。
  • 口感(ボディ)はミディアムで口当たりは良好、体感はさすがは老ソウという感じである。水の流れを感じる余韻は細くなく大きい。総じて満足感が大きく、味や香りが濃密すぎて、量はあまり飲めない。

  • だから私には一回2gで充分である。
  • もちろん茶葉を多めにして正式な潮州工夫式で飲めば、強烈で煎も極めて長く、初心者でも上級者でも満足感のあるお茶である。

蜜桃香(水蜜桃香) 2016

  • 茶商の説明では名称は 鳳凰烏崠蜜蘭香老欉濃香
  • 中高山850-900m 重炭焙 文人趣味・古趣向 単叢専門店主人に(私はこれは高山気も山韻も烏崠感もすごくあるから、良い烏崠単欉として売るよ!あんた勉強しなさい)みたいに中国語で言われた。
  • 別名 蜜桃香もと言うそうだ、向こうは相当に力が入っていた。 (こんなに炭焙いれるなんて・・・すごいのよおおおおお ) 素晴らしい桃と蜜の香りと山韻が良いですね。  
  • ただ茶氣が強くて、クラクラします。
  • 茶商は良すぎて、売りたくない!!! あんた若いから、覚えなさいいい! 烏崠山のお茶を強烈に炭焙して、飲みごろまで3年寝かせたのよおおお!この高山宋種老欉500g3500元と飲み比べなさい!!宋種は頂点でも、こっちが良いでしょう! まあそうやって隠し場所から出したから・・・それなりに良いものなんだろうと・・・思う
  • アロマの濃さが強烈で桃主体で分かりやすくは友達に好評だ。

  • このページは鳳凰単叢蜜蘭香の仲間である蜜花香・水蜜桃香・蜜桃香のページです。 
  • 本来は蜜蘭香のページで記録するべきですが容量の関係で作成しました。

関連記事

鳳凰単叢

鳳凰単叢の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました