真空包装の茶は開封してから数日後に飲みたい。

マニアック
スポンサーリンク

私にとっては真空で到着するお茶をある程度は空気に触れさせてから飲むのは当然と思っていた。ある程度は空気に触れなければ、香りや味が薄めに感じるということは、当然のように認識していた。花香にしろ果香にしろ、空気に触れさせ過ぎればダメでしょうが、ある程度は酸素が回らないと香りが出てこないことは、ワインなどを通して当然と思っていた。しかしながら、Twitterなどを眺めていると、到着直後の香りの薄い状態で飲んで明らかに正当に評価できていない、とても残念な口コミや記録などを見かけた。

通販で楽しみに待っていて到着直後にすぐに飲みたい気持ちには大いに共感するところだが、開封したら2日程度は待ってみると、素晴らしい体験ができるだろう。個人的には真空の袋を5~10分程度開封しておいて、再度チャックを閉めてから、毎日~数日おきに香りを確認して、とても良い香りがしたら飲むことにしている。長くても1週間以内には開くでしょう。(生産方法の改善された2019年のプーアル茶や真空になっている期間が2年程度の茶の場合)

高香(煙味)や2018年以前のお茶は真空包装されている時間が長いため、本来の状態に戻るまで1週間以上かかる場合もある、そのため私は真空包装のお茶が到着したら、近日中に飲む予定のあるお茶は先に開封する。高香系のプーアル茶が盛っている、スモーキーな香りはわからなくなくらいまでに、消えるまで真夏で4か月程度がかかるイメージ。お茶が空気に触れて開くまでの期間は、気温や保存環境により異なります。

元ネタ

プーアル茶は開封後1週間位で甘い香りが形成される(公式)1週間でなくても、個人主観では早ければ2日ですね。デキャンティングなので、袋を開封するのは、数分で良い感じです。空けて中身を確認して、チャックを閉めて、3~7日後の楽しみという感じにしています。強烈な香りが漂ったらGO

個人主観による・・・開封直後でも凄く美味しい開封後に強烈な甘い香りになって、その後、、更に強烈に甘い味になった期間 

この記事は諸事情あって取り下げた記事を移動させたものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました