金賞肉桂  | 茶の穂 香木と本気の茶

金賞肉桂 

武夷岩茶
スポンサーリンク

金賞肉桂(きんしょうにっけい)現地の文字に近い字体で(金奨肉桂)は武夷星が主催する岩茶コンテストに出品されて金賞を受賞した物、コンテストの受賞品でなくとも金賞を冠する場合も多いが、この茶は250以上の肉桂茶から選ばれた受賞品だ。

肉桂は産地の名前+肉桂で天心岩肉桂など名前を付けて販売されるのだが、産地と茶の品質に関連は必ずしも無いので高品質であるとは限らないのだが、受賞品の岩茶は実際に試飲で順位を決めており実力で受賞するので安心だ。

このコンテストに出品する岩茶は茶廠自慢の出来のロットを厳選して出品される。出品される岩茶の産地は三坑両澗産の岩茶は当たり前・・・馬頭岩・天心岩・九龍窠・竹窠・猫耳石など名産地ばかりの岩茶が出品される。名産地の岩茶が厳選されて、試飲され受賞の順位が決まる。

https://seonyan.com/chinesetea/wuyi-tea/maniac-editorial/

この茶の産地は馬頭岩の一区画である猫耳石周辺の樹齢30年以上の特別栽培の肉桂を原料としているようだ。

茶の記録 金賞肉桂2019

茶葉3g 茶葉そのものからフルーツの香りが漂っており期待できる。

一次審査?出品時に農薬検査を行っているようなので、洗茶無しでそのまま味見、洗茶ながらミネラルの香りと柔らかいフルーツの香味が素晴らしい。

金賞肉桂茶葉の様子

茶杯に2~8煎目を移して感想

茶杯からの香り(アロマ)は強い、ミネラル香とシナモンを連想、スパイシーなライチやマスカット連想するフルーツの香り(これぞ肉桂の香り)そのまま専門用語で(肉桂花香)なのだが完璧に出ておりかつ強い。

口に含むと柔らかく、大きなフルボディ、舌の上で感じるここまで繊細でクリーミーな茶液は初体験、口の中で感じる味わいに甘味を感じる、香味(フレーバー)はシナモンとドライフルーツを連想、後味では肉桂茶らしい味わいが口の中に優しく長時間残り、透明感は肉桂茶で体験したなかでは最高透明度、余韻(コク)は上半身に広がり余韻の強さでは老叢を含む岩茶のなかでトップクラスであり、私が飲んできた肉桂茶のなかでは最長だ。特に冷めてからの味は変えがたい良さを持っている。

感想 

間違いなく高級武夷岩茶だ。風景区産の岩茶らしい大きなフルボディに加え穏やかな雰囲気を持ちつつ、異例の透明感に加え、肉桂茶であるのに老叢茶のような強い余韻、後味が特に素晴らしく濁りは全くなく、身体が軽くなって行くような体感も持っている。自分の飲んできた肉桂のなかで最高評価。岩茶としては異例の3gで700ml以上も強く味が持続した。

茶葉の様子

価格とコストパフォーマンス

天心村コンテストの金賞受賞茶を武夷星から仕入れると500g20000-25000元であるが、私は生産者から少し安く入手できた、そもそも希少性が高く日本中国ともに店頭で並ぶような岩茶ではないが、(特に肉桂であるから)もしもこのクラスの岩茶が日本の中国茶店の店頭にて売られたら5g数千円で買えるか不明、岩茶の一般的かけ率から推測すると上位入賞したこと希少な猫耳石肉桂であることから5g10000円以上も考えられる。

受賞情報

武夷正岩核心村天心村民间斗茶节 (武夷星天心村コンテスト)

金奬肉桂 2019年 审评号#498 (審評番号498) 

肉桂出品252個のなかで記載順位が1位状元から4番目であったので4位と考えられる。

関連記事 コンテスト受賞の岩茶について

岩茶・肉桂トップへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました