武夷岩茶肉桂について | 茶の穂 香木と本気の茶

武夷岩茶肉桂について

肉桂の茶園武夷岩茶
スポンサーリンク

武夷肉桂について

名前の由来はシナモン(生薬の肉桂)を連想する香味を持つためにその名前がついた。

肉桂は武夷山で栽培生産される岩茶の代表的な品種であり、歴史は清王朝の頃にさかのぼるが、その品種特性と栽培のしやすさ、製茶時から華やかな香りを放つという特性があり、1980年代に武夷山風景区内の現在における世界遺産登録地域に政府の後押しもあり多く植樹された品種でもある。

原産地は武夷山風景区内の馬枕峰または蓮花峰とされており、この地域から生まれた品種だが烏龍茶の品種として、肉桂は他の地域でも生産されているため武夷肉桂と区別して表記されることが多い。

香味の特徴は名前のように肉桂(シナモン)がベースであるが製茶により(わかりやすく、はっきりとした)花の香りやフルーツを連想する香りを引き出すことができる。

武夷山風景区内の典型的な景色に溶け込む肉桂の茶園 撮影場所・悟源澗の周辺 

同一品種ながら異なる味わい

基本的にスパイシーなシナモンの香味を持っており、馴染みやすく品質の甲乙がわかりやすい品種で。茶樹の栽培環境や製茶により味や雰囲気が大きく変化するため、詳細産地の同一品種の肉桂茶を飲み比べして楽しむのが現在の岩茶の楽しみ方のひとつとなっている。肉桂茶が持つシナモンを連想するこの香りを肉桂香とも言う。

  • 焙煎の強い物は肉桂香に炭の風味や焙煎香を持っている。
  • 焙煎の弱い物は肉桂香に緑茶などを連想する香味を持っている。
  • 正岩茶の肉桂はフルボディでミネラル感が強い
  • 馬肉の味・牛肉の味など詳細産地ごとの特徴的な味をつかんで飲むのが人気。

この肉桂茶の品種的な特徴は栽培しやすい、収穫量が多い等の事情により1985年ごろから多く生産されるようになった岩茶であり、世界遺産登録地域で生産されている岩茶の中で老叢水仙と並び岩茶としては多く生産、流通されるため、知名度が高い。慧苑坑周辺の物は慧苑坑肉桂など詳細な生産地域の名称を冠して販売されることが多い。

武夷肉桂のコラム 

肉桂という名称から人気が急上昇した

馬頭岩産の肉桂茶を馬頭岩肉桂と呼ぶのだが、これを省略して馬肉と省略した、牛欄坑肉桂を牛肉と省略した、ある者が私は馬肉を飲んでいる、牛肉を飲んでいると主張した、茶の名称を動物の肉に例えているように聞こえるために話題となり知名度が上昇、価格が高騰してきたので、さらにこまかな産地から採集されたこの茶を動物の肉に例えるという文化が誕生したことにより、肉桂茶は中国茶のなかでも高額な値段が付く茶となった

産地ごとの肉桂の省略表記の例

竹窠肉桂は猪肉と例える

  • 例 天心岩産であれば天心岩肉桂など産地+肉桂と表記する。
  • 馬頭岩肉桂馬肉猫耳石肉桂(猫肉)牛欄坑肉桂(牛肉)
  • 天狗石肉桂(狗肉)青獅岩肉桂(獅肉)三仰峰肉桂(羊肉)
  • 天心岩肉桂(心頭肉)九龍窠肉桂(龍肉)虎嚇岩肉桂(虎肉)
  • 慧苑坑肉桂の鬼洞付近産またはそのもの鬼肉・竹窠肉桂(猪肉)
  • 鷹嘴岩肉桂(鷹肉)燕子窠肉桂(燕子肉)鶏公岩肉桂(鶏肉)
  • 悟源澗肉桂(猿肉)老鼠洞肉桂(鼠肉)象鼻岩肉桂(像肉)など

産地の地名の一文字を冠したり、馬頭岩肉桂を馬肉と単純に省略したり、産地の十二干支、動物の肉や伝説上の生物と結び付けた例 

→猿肉こと悟源澗肉桂は悟源という語句が孫悟空を連想するためにそう呼ばれるようになったという。

馬頭岩肉桂について

牛欄坑肉桂 希少性と知名度の高さから人気の高い肉桂茶

金賞肉桂(金奨肉桂)馬頭岩肉桂から実力で選ばれ品評会で受賞

半岩茶の肉桂茶 風景外で採集された茶

この記事は2020.03.03日馬頭岩肉桂の記事にて書いた内容を別ページにしたものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました