武夷岩茶肉桂の観察 | 茶の穂 香木と本気の茶

武夷岩茶肉桂の観察

肉桂の茶園武夷岩茶
スポンサーリンク

肉桂(にっけい)は武夷岩茶の代表的な品種であり、岩茶以外の同名品種と区別して武夷肉桂とも。このページは肉桂のトップページ

武夷肉桂について

名前の由来はシナモン(生薬の肉桂)を連想する香味を持つためにその名前がついた。

肉桂は武夷山で栽培生産される岩茶の代表的な品種であり、歴史は清王朝の頃にさかのぼるが、その品種特性と栽培のしやすさ、製茶時から華やかな香りを放つという特性があり、1980年代に武夷山風景区内の現在における世界遺産登録地域に政府の後押しもあり多く植樹された品種でもある。

原産地は武夷山風景区内の馬枕峰または蓮花峰とされており、この地域から生まれた品種だが烏龍茶の品種として、肉桂は他の地域でも生産されているため武夷肉桂と区別して表記されることが多い。

香味の特徴は名前のように肉桂(シナモン)がベースであるが製茶により(わかりやすく、はっきりとした)花の香りやフルーツを連想する香りを引き出すことができる。

名前から人気が急上昇した

栽培しやすい、収穫量が多い等の事情により1985年ごろから多く生産されるようになった岩茶であり、世界遺産登録地域で生産されている岩茶の中で老叢水仙と並びもっとも多く生産量されるため、慧苑坑周辺の物は慧苑坑肉桂など詳細な生産地域の名称を冠して販売されることが多い。

  • 例 天心岩産であれば天心岩肉桂など産地+肉桂と表記する。

馬頭岩産の肉桂茶は馬頭岩肉桂だがこれを省略して馬肉と訳した、牛欄坑肉桂を牛肉と訳した、ある者が私は馬肉を飲んでいる、牛肉を飲んでいると主張した、茶を動物の肉に例えているように聞こえるために話題が沸騰し知名度が上昇、さらに詳細産地から採集されたこの品種茶を動物の肉に例えるという文化が誕生したことにより、さらに知名度が上昇、人気が出て肉桂茶は中国茶を代表して高額な値段が付く茶となった。

産地ごとの肉桂の省略表記の例

太字)純粋に訳した例と十二干支や動物の肉や伝説上の生物と結び付けた例

  • 馬頭岩肉桂馬肉猫耳石肉桂(猫肉)牛欄坑肉桂(牛肉)
  • 天狗石肉桂(狗肉)青獅岩肉桂(獅肉)三仰峰肉桂(羊肉)
  • 天心岩肉桂(心頭肉)九龍窠肉桂(龍肉)虎嚇岩肉桂(虎肉)
  • 慧苑坑肉桂の鬼洞付近産またはそのもの鬼肉・竹窠肉桂(猪肉)
  • 鷹嘴岩肉桂(鷹肉)燕子窠肉桂(燕子肉)鶏公岩肉桂(鶏肉)
  • 悟源澗肉桂(猿肉)老鼠洞肉桂(鼠肉)象鼻岩肉桂(像肉)など

基本的に風景区産の肉桂であれば高値で売れる為このような名前がつく。

武夷山風景区内の典型的な景色に溶け込む肉桂の茶園 撮影場所・悟源澗の周辺

同一品種ながら異なる味わい

基本的にスパイシーなシナモンの香味を持っており、馴染みやすく品質の甲乙がわかりやすい品種で。茶樹の栽培環境や製茶により味や雰囲気が大きく変化するため、詳細産地の同一品種の肉桂茶を飲み比べして楽しむのが現在の岩茶の楽しみ方のひとつとなっている。肉桂茶が持つシナモンを連想するこの香りを肉桂香とも言う。

  • 焙煎の強い物は肉桂香に炭の風味や焙煎香を持っている。
  • 焙煎の弱い物は肉桂香に緑茶などを連想する香味を持っている。
  • 正岩茶の肉桂はフルボディでミネラル感が強い
  • 馬肉の味・牛肉の味など詳細産地ごとの特徴的な味をつかんで飲むのが人気。

正岩茶 馬頭岩肉桂

風景区馬頭岩周辺で採集された正岩茶肉桂・馬頭岩肉桂こと馬肉を焙煎や出荷時期そして淹れ方の違いによる味わいを鑑賞する、名前は同じでもメーカー・ロット・製茶法の違いにより、味わいは異なる物である。岩茶や烏龍茶と言ったカテゴリーのなかににいろいろな茶があるように馬肉にも様々な茶がある。

馬頭岩肉桂ついて

岩茶の中ではよく出てくる岩茶の高級品・・・

  • 中国における一説では(馬頭岩肉桂)すなわち馬肉という略称が覚えやすく人気が出たのだという。
  • 私には名前だけで人気が出たとは思えない、手に取った人に馴染みやすいその味(わかりやすい味と香り)それがこの茶の特徴であると思う。

分かりやすい味とは?岩茶における肉桂の味わいなのだが焙煎の強い岩茶とは一線を画す味わいでもある。

この茶の水色は基本的に黄色であり、濃く淹れると茶色となる、岩茶は焙煎の火加減により味わいが変化する茶なのだが、この程度の焙煎具合は(中火)と呼んでいる、この加減は武夷岩茶にしては焙煎は弱めの部類に入る。

この焙煎の強い岩茶には存在しない、独特の(優しさ)と(ふくよか)で初心者から上級者まで満足できる味わいが、そして冷めたときの特別な美味しさが特徴的だ。

( 馬頭岩周辺の肉桂の茶園)正岩茶独特の風景

ちなみに中国において、この茶の味わいをこんな感じで表現するようだ。(馬頭岩肉桂辛鋭的桂皮香気和醇滑甘潤的口感)口当たりの良いフルボディにキレのあるシナモンの香りと豊かでふくよかな甘い味わいの武夷岩茶

特徴と種類

この茶は世界遺産武夷山の風景区内・馬頭岩地区とその周辺で採集された肉桂を馬頭岩村において製茶された肉桂茶であるとされる、栽培環境によって異なるのだが基本的に樹齢が高いほど味わいが深くなり品質は良くなる。

  • 単純に馬肉と訳す場合があります。
  • 馬は馬頭岩(風景区内の産地)の名称 肉は肉桂(岩茶の茶樹の品種)の意味
  • 馬肉というカテゴリの茶の中にも、様々な種類と品質と値段の高低が存在する。

産地と名称の特徴

  • 特に明確な決まりはない
  • 武夷山馬頭岩茶村で製茶された肉桂茶
  • 風景区内の馬頭岩周辺で採集された肉桂を使った肉桂茶
  • 更に細分化して猫耳石肉桂・三花峰肉桂・桃樹窠肉桂などと分けることがある。

焙煎における特徴と種類

  • 焙煎はやや軽めに仕立てる場合が多い
  • 炭焙具合により軽火・中火・稀に足火(焙煎強め)
  • 武夷山の肉桂茶では強めに焙煎される牛欄坑肉桂と比較されることが多い。

性質や茶葉

  • 安価な物は機械摘み、高級品は手摘み
  • 茶葉は整っていて綺麗なほど良い
  • 総じてフルボディ
  • 淹れ方や出し方による影響を受けにくい
  • 茶器や水質の影響を受けにくい

品質と価格

  • 品質はピンキリ・二番茶や三番茶も多く流通
  • 相場は全般的に風景区の肉桂茶としては安価な部類に入る。
  • 価格はおおよそ500g2000~6000元 1元16円の日本円換算 500g3.2~9.6万円
  • 50g3200円~9600円ほど、
  • ピンキリだが樹齢の若い物ならば、もっと安い物もあるだろう。
  • 樹齢が高いほど余韻が強くなるので値段も高額になる。

岩茶のコラムはこちら

茶の記録 馬頭岩肉桂

ここで紹介している馬肉は武夷山出身の店主が経営する上海の武夷岩茶専門店御茶荘の物・馬頭岩に茶園を所有し親戚たちと共に馬頭岩茶村で製茶を行っており、親戚一同で世界遺産風景区内の茶園を多く所有して岩茶関連の業務を行っている歴史ある岩茶一家の系列店、店主は武夷山馬頭岩茶村と上海を往復しており、武夷山側では世界遺産登録時に風景区内の住居から退去した人が住むニュータウンに住居を構えている。そんな事情から馬頭岩村産の岩茶を大得意としており、親戚パワーとその専門性で偽物の混入を許さない。

表記は(年号)(焙煎具合)・その下に出荷時期・焙煎の回数

共通事項 春一番茶・産地は風景区馬頭岩周辺・焙煎は全て炭焙

馬頭岩周辺で採集された原料を使用しても樹齢の若い原料の場合は余韻が弱い為、樹齢25-30年以上の物を馬肉として販売しているとのこと

2019 中火

8月(お盆前後)出荷・二回

濃い目に入れた水色

茶壷でも蓋碗であっても、華やかな香りと濃厚なボディ、飲んだら口感が大きいだけで味はスカスカではなく、余韻もしっかりあり、濃厚で美味しさが圧縮されている。飲んだ後に肉桂種特有の香りが口腔内でしっかりと残り長く続く。冷ましながら飲んでも渋くはならず、冷めた後の美味しさは特に良い。

  • 適したカップテスト

2020-1-13日 ・馬肉・中火2019

デミタスカップ(マイセン・ロイコペ)ボディを体感しやすい、滑らかさが強く口当たり柔らかい。

(茶杯)キレのある味わい、甘さ強いと岩韻明瞭になる=両方(後味長く甘さが残る) 両方とも美味しいため、あまり気にしなくて良い。

  • 茶壺か蓋碗どちらが適しているか?

写真の茶壺(宜興朱泥) 茶葉2.5g (ブリタ浄水・熱湯)

  • 味わいの濃さ、後味の強さ、武夷肉桂で感じる独特の美味しさは明確かつ強くなり、驚く、当初は蓋碗のほうが煎を長く持続させれて良いと思っていた。
  • しかしながら私の茶壺を使う技量が悪かった。抽出時間を調整することで茶葉の質が良いので蓋碗より多くの茶液を抽出できるので個人的には蓋碗より茶壺のほうが適している思う。
  • 水質の影響をどれほど受けるか

写真の茶壺(宜興朱泥) 茶葉2.5g (水道水・熱湯)

水道水をそのまま沸かしただけ(浄水器なし)

蓋碗で淹れた場合は変化はあるがそれぞれ美味しさがある。水道水をそのままだと淹れた場合において蓋碗より茶壺はやや茶のパワーが落ちてしまった。この状態でもかなりハイレベルだが、浄化水のほうが良い。➡蓋碗の場合は水道水を沸かすだけでもかなり美味しいため水質に合わせて選ぶ必要がありそうだ。

  • 基本的に馬頭岩肉桂は水質の影響に強い

国内の旅行先や友人宅に持ち込みその場の水道水を沸かして飲む場合、素晴らしい味を安定して出てくる、単叢のように水質の影響が直撃して外出先で思った味を出せないという経験は今のところない。

  • 情報 

販売 御茶荘 中国福建省武夷山市 店は上海大寧国際茶城二階

名称 馬頭岩肉桂 まとうがんにっけい Mǎtóu yán ròuguì

年号 2019年 春

品種 肉桂 にっけい

樹齢 40年弱 

産地 名岩茶区馬頭岩茶区 正岩茶

焙煎 伝統式炭焙 (中火)

価格 中国国内最終予価 500g4000-4500元

2020 中火

7月・焙煎二回

2020年の茶葉の様子 6煎目

安定しており年号による差は少ないのが特徴だが、今年の馬肉はトップノートが素晴らしく、19年より茶液の密度が濃く感じられた、個人的には水仙や名叢の出来が今年は特に素晴らしいのでそちらを多数購入した。焙煎の強いバージョンや今後年末や来年にかけて発売されるロットが楽しみだ。

2019 軽火 

馬頭岩肉桂とは一般的には中火焙煎に仕立てる場合が多いようだが、こちらは原料の良さを生かした軽火

焙煎は中火よりも浅く、正岩茶の強い岩骨花香!香りが淡くても大満足のどこか重たい香りと肉桂のスパイシーでふわっとした、青々とした美味しさと柔らかくても

正岩茶の重たい口感(フルボディ)の美味しさが、肉桂の軽く優しくも、深い深い味わいとなっても長く続く、フフフ💛タイプ

焙煎は軽いのにも関わらず、ねっとり鼻に張り付くスパイシーシナモンの香りが、反則レベルで良い、味はまるで黄金糖やキャンディのようだ、特大ボディとキャンディのような甘さが口に長く残り体感もしっかりある。

2020-2-15

2018 中火 

3月・焙煎三回

丸二年放置した馬肉を飲んだそのときは香りも味も薄く感じたため、空気に2日ほど晒してから飲んだ、2日してからの陳茶の馬肉の味わいは素晴らしかった。肉桂の鋭い香気は柔らかくなり、中火の馬頭岩肉桂としては、柔らかく香っている、しかし、飲んだ際の後味の濃さが逸絶だ。

口の中に残るフルーツの香り、その時間の長さは半端じゃない、茶液の密度が緻密であり、これを伴いなんとも言えない美味しさ(わたあめ、キャンディー)のような雰囲気もある、余韻も岩茶にしては強くまた良い、中火の馬肉は温度が熱い状態ではなく、やや冷めてからの美味しさが特に良いのだが、、これは馬肉の全般的な潜在的パワーだと感じた。収斂性を感じるが、苦味渋みの無い強くスパイシーでビリビリ(悪い意味でない)とした美味しさが、陳年馬肉の美味しさプーアル茶のように後から生津した。

御茶荘 公式ホームページ http://www.ochaso.com/

➡店主の葉主人様より、一部の写真の転載許可とロゴのブログ作者は使用許可を頂いています。

馬肉とその仲間

  • 岩茶全般に言えることは、非常に細かい茶の産地を試飲で判別することはプロでも難しい、風景区の少ない耕作面積から採集された岩茶を正岩茶と見なして、それらの美味しさの特徴を掴み、飲み手が追及していくのが福建省における岩茶の愛好家のスタイルだ。
  • 馬肉は流通量が比較的多く、愛好家からありふれた名前となってしまい飽きられてきている、そこでさらに馬頭岩肉桂を細分化する気運がみられる。
  • すなわち馬頭岩肉桂の範囲の中から極小畑産の名称が付与され、さらにプレミアムが付く、猫耳石肉桂(猫児岩肉桂)や三花峰肉桂・桃樹窠肉桂などがそれにあたるが、馬肉よりも畑の面積が狭ため、現地の値段は馬肉より高額な傾向であり、特にここ数年において知名度が上昇している桃樹窠肉桂は500g15000~元ほどの値段がついており非常に高価な岩茶である。
  • 希少性やプレミアムな名称がつくことにより、非常に高額な価格で販売できるという事実は岩茶に限らず、中国茶全般の共通事項である。もちろん馬頭岩肉桂も実際の生産量とは比較にならないほど流通量がある。

武夷肉桂 関連記事一覧

牛欄坑肉桂 希少性と知名度の高さから人気の高い肉桂茶

悟源澗肉桂の記事

金賞肉桂(金奨肉桂)馬頭岩肉桂から実力で選ばれ受賞

半岩茶の肉桂茶 風景外で採集された茶

岩茶の記事一覧へ

武夷岩茶
中国福建省で作られている烏龍茶の一種類、武夷岩茶すなわち岩茶に関するカテゴリーページとなります。

コメント

  1. […] https://seonyan.com/chinesetea/wuyi-tea/matou-yan-rougui-2019-ochaso/#toc3  馬頭岩肉桂 2019年 御茶荘より […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました