喫茶店訪問記録 Charaku (名古屋市)

お店巡り・お店の紹介
スポンサーリンク

もう8年近い付き合いになるお店 Charaku 茶楽 

東山動物園の近くにある、隠れ家的台湾茶の喫茶店

Charaku (名古屋市) アンティークと台湾茶カフェ

自分が中国茶・台湾茶をデミタスカップで飲む習慣は、このお店の影響です。ここの店主に高校生のころ食品添加物(マーガリンやショートニング)の危険性について初めて教えていただき、現在の私の指向性が決まったと言えます。

台湾茶でも高標高と無農薬にこだわっており、店主のテイスティング能力と梨山の現地まで買いに行く能力に感動しました。ここの有機茶を飲み出す前までは、農薬や肥料には特に関心がなかった。

特製アイスクリームと特製の洋菓子

ハンガリードイツ通いの店主の手作りスイーツだけでも価値があるのに、有機の梨山や大萬嶺を惜しみなく出していただける。

主にヘレンドやアウガルテンなどのデミタスカップで飲ませてもらえる。

お茶を数煎入れていただき、このお菓子とお茶の内容で1人1500円~2000円ほどなので、すごくありがたい。

売られている、アンティークのマイセン

売られている、アンティークのマイセンとヘレンド Charaku

コメント

タイトルとURLをコピーしました