茶葉と味わいの鑑賞 甘泉峯生茶(甘泉岭生茶) 2013 HOJO

甘泉嶺生茶 プーアル茶・普洱茶
甘泉嶺生茶 熟成の比較
スポンサーリンク

同じ茶葉であっても、熟成(保存環境)によって味わいは大きく変化することを実感したのがこのプーアル生茶だ、、たまたま所持していた国内熟成版とマレーシア熟成版による味わいの変化を鑑賞

熟成の比較

  • 左が国内熟成 右がマレーシア熟成 
  • 全く同じ茶葉なのだがマレーシア熟成のほうが色が濃くそのままでもエキゾチックな香草のような香りが香っており明らかに濃厚だ。
  • 熱帯での高速熟成(馬来西亜倉)本格的な熟成の様子がわかる。
国内熟成とマレーシア熟成の比較 マレーシアは味も香りも色も濃い
  • 比較すると熟成による違いに驚く、同じお茶だとは思えない。
  • マレーシア熟成はエキゾチックな独特の香りと濃厚なミネラル感?香りがモワっと香る、HOJOさんのマレーシア熟成の味わいの全般の傾向としては、舌触りに緻密さが出て、香りはフルーツの香りが付加されている。
  • 煎も長くなり、私のような陳年プーアル茶マニアが大いに悦ぶ味わいとなっており驚き。
  • 新茶が良いと思っているHOJOさんのプーアル生茶だが、唐家や鳴鳳山の陰に隠れて陳茶マニアでも受けるプロフェッショナル熟成の生茶が発売されていることに驚きだ。
  • (ほかに馬鞍山など)異常なベタ褒めになってしまうが、プロでしか出せないこの深味と奥行きのある熟成の味ならば値段が倍でもおかしくない。
  • 事実・・・同じ茶葉でもプーアル生茶は熟成の完成度で評価が変わるものだ。
  • そのくらい陳茶マニアの私が悦ぶ味わいだった。私もプーアル茶熟成室を自宅に製作して、プーアル茶を熟成させ自分で理想の味わいにして喜んでいるが、この深さを熟成で出すことはできない。

甘泉峯生茶(甘泉岭生茶) 2013 HOJO マレーシア熟成

  • 洗茶、、茶を注いでいるときの水の音が美しい、お湯を注ぐとピートやパイナップル連想す香り、洗茶を飲んでみると濃厚な甘さと煙(高香)を感じる。
  • 一~三煎目 ここからは煙は感じない、陳茶らしい濃厚なプーアル茶の香り、赤肉メロンやパイナップルを連想する、口に含むと(乾いたような)な独特の印象、乾菓子など連想する、後味は長く黒糖のような甘味が残る。
  • 体感は緩やかに体温を調節してくれるような印象を受ける。

餅茶の様子(茶葉の様子)一枚200g

餅茶の様子
餅茶の様子

感想二回目 2020-06-10

茶葉4g

洗茶二回からの一煎目

  • 一口飲むとキレのあるアタックに、メロンやスイカを連想する香りと味わい
  • ➡高香(煙味)は感じない。
  • 透明感に加えスイカのような香味の印象を受ける、陳茶だが新鮮さを受ける。
  • 飲むと暖かさが、上半身から全身に降りてゆく体感の強さ。

  • 3煎目以降はパイナップルの香りがでてくる、口に含むと黒糖ような甘さが長く残った。
  • 味の濃さや甘さ、鮮烈な美味しさが特徴的だ、甘さが口に残る(後味)の状態で空気を吸うと残り香がさらに強くなり、生津した。
  • 陳茶らしい美味しさと、生津の感覚が素晴らしい。

甘泉峯生茶(甘泉岭生茶) 2013 HOJO 国内熟成

国内熟成Ver 

  • 茶葉の容量3g 使用茶器HOJOの牙白蓋碗 記録日 2020‎年‎6‎月‎20‎日
  • 洗茶、お湯を注ぐと炒り豆の香りが広がる。
  • 一煎目~三煎目 キレある強いスイカ香り、口に含むと強く鋭い、豆や瓜を連想する味わい、素晴らしい辛味を伴うプーアル生茶の刺激的な美味しさ。
  • 四~七煎目、美味しさをしっかり維持、刺激的な味わいと高級な緑茶のようなイメージが頭をよぎる。
  • 八~十煎目、柔らかさが出てきた、木片や薪を連想する香りを感じる。

関連記事

HOJOの茶葉一覧

hojotea HOJO

HOJO茶の記事及び記録の一覧
ブログ内タグ hojotea

コメント

タイトルとURLをコピーしました