伽羅の色合いと分類・伽羅の種類と木質を鑑賞

香木のブログ初苗庵
スポンサーリンク

沈水香木(沈香)の最高級品である伽羅・伽羅とは最高級品であり香木の王者であることがその驚くべく値段と希少性から明白な事実であると言える。しかし、伽羅には様々な色合いがあり、見た目があり、木質や香りまで異なるのだ。緑油伽羅など特別される色による分類以外にも分類法は多岐にわたるそれらは、国や文化ごとに違う、新記事では色に加えて木質や状態などを鑑賞したい。

伽羅の色合いの分類

伽羅の色の分類は見た目で判断されて区別されることがある、それらの分類はかなり大雑把なものに感じつつも香りの系統や性質には一定の共通性があるものだ。

  • 国内では緑油伽羅が圧倒的な知名度を誇り、緑油が最も良い伽羅だと思われがちです。しかしながら一般的に取引される、伽羅の高品質な物が緑油系統であることが多いために植え付けられた迷信だと思っています。
  • どの色の系列の伽羅であっても伽羅である以上は一定の品質があり。
  • 色による香りの系統の差はあっても色による品質の差はない物だと思っています。
  • ただし色という区分の中であっても、香木その物の品質差などは存在します。
  • 以下の説明文は記事の為に見た目でおおまかに色分けして、更に香りの系統で判別しています。

緑油系統 (緑油伽羅)

これぞ伽羅と言わんばかりの華やかかつ強烈な香り!見た目においても小さく切ると宝石のように輝いて見える物もあり、見た目での判別が容易であり、香りはなんとも言えない万能的な香りに感じる。物によっては、かなり香りが強いですが、それでも芳香の塊だと実感できるでしょう。最初に伽羅を聞く場合は緑油をはじめとする軟質な伽羅を試すと良いと思う。

  • 独特の華やかさと柔らかさの中の強さが特徴 (苦みと甘みor酸み)

緑油伽羅及び軟度の高い伽羅は常温での香りが伽羅としても特に強く、樹脂の流動性及び揮発性が高いため、切断時や皮を取った際には表面が黒くとも表面の油分が揮発することで白く輝く、これを白皮などと表現する場合がある。

こちらは中華圏における分類法を更に掘り下げた内容

  • 緑油系伽羅 ただし緑っぽければ全部が緑油伽羅と言われているところはある。
  • 白皮緑油・緑油伽羅の最上級品と考えてよいでしょう。 そもそも白皮を目撃するには、それなりのサイズの原木を目る必要があるためあまり表に出てこない模様です。仮に皆さまが所持していても割や香道用の割の状態だと分かりにくいでしょう。 香りは緑油伽羅の香りを上品にして極めたような感じの物で軟度が高い。
  • 金糸結緑油・甘味に特徴あり上級者向き
  • 生結緑油・お寺に1970年代に大量に収蔵されたと中国で噂されていた、極めて軟質であり、常温での香りに優れる。
  • 熟結緑油 ・緑油伽羅の一系統で、やや硬質だが芳醇な香りで強く柔らかい。➡黄油とする説あり
  • 縮油伽羅・白皮緑油系統の一部の伽羅が埋没して硬化した物、香りは透明感が強く余韻が深く香りはしなやか。緑油伽羅の濁りが消えてもわっとしない感じ

黄油系 (黄油伽羅)

最初の辛みが特徴的な伽羅らしい伽羅であり、ガッツリ苦みと辛味が来るので脳天に響くところ、黄系の伽羅と言っても更に細か分類できるほど多彩、見た目は黄金色もしくは、沈香のような肌をしていて黄色い、沈香に近い物の特徴は香りの持続性にある、基本的に辛味が特徴でキツイと感じるものもあるが、温度の調整である程度はコントロールできる。

切断してある場合は緑油伽羅と近い見ためなので、緑油伽羅として売られている事も多く、刻みで売られている緑油伽羅の大半はこちらになると自分は思っています。

単純に黄金や山吹色という分類となるなら、いわゆる普通の沈香筋の伽羅は黄系になってしまうところ、辛味でなく木質と油に注意が必要。

  • 白油

上品の極みな香りで持続性は抜群に優れる高温でも焦げない。

真っ白でカスカスでとにかく五味完備の物がある。

Amazon | 松栄堂 こづつ用 香木 1g (伽羅) | 松栄堂 | ドラッグストア
松栄堂 こづつ用 香木 1g (伽羅)がドラッグストアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

通販で購入できマニア水準に達する数少ない聞香用伽羅・香割職人による丁寧な加工に加え香りの飛びにくい濃厚な伽羅を選択しているようだ。香りは特に濃厚かつ強く伽羅のすごみを実感できる。手持ち分を無理やり色分けすれば緑~黄色の濃い系統に近い

青油系 (青油伽羅)

見た感じは、黒油と黄油や紫油の中間のようなイメージで、緑油と黄油の混合型のような独特の柑橘系と梅花系統の香りを基本として、緑油及び黄油の中間的素質がある、そのため辛味と酸味を基本として、広がる強い味わいと奥行きを感じる。

紫油系 (紫油伽羅)

重く重厚な香りときらびやかな香水を連想する香り、刺激的な香りは抑えられており、黄油のような強烈かつ刺激的な香りでなく重層かつ濃厚である。

基本的に甘味を特徴としており、甘味と苦味を基本とした、蘭の香りともされる何とも言えぬ濃厚な伽羅の香り、色合いの薄い伽羅が辛味に強烈・強い香りならば、色合いの濃い伽羅は、香りも濃厚で複雑かつ物によっては濃縮感すら感じる。

  • 紫伽羅 (紫油伽羅の系統)

紫油伽羅の少し硬質な伽羅・香りが交互に来て甘味と辛味が特徴、華やかに加えて奥行きに筋の通った味わい、妖艶でなく枯れており、味わい深い。

黒油系 (黒油伽羅)

紫に比べると甘さが強く・もったりとしているイメージがある。

個人的には色が真黒であっても、蜜の甘さ(蜜香)を聞香して感じなければ、紫とみなしている。

黒油伽羅の感想 個体① 墨のような黒さに油を感じる艶やかな表面、出香すれば熱烈かつ濃厚な香りがゆったりと力強く広がる、基本的には蜜の甘さを基本として、辛味・苦味が入り混じる、それでいて円熟していてあまりにもすばらしい。 

黒油伽羅の感想 個体② 柔らかさを感じる表面、木質は硬い、出香すれば強烈な伽羅たちに気を失いかける、濃厚な甘味と鹹味の香りに透明感を伴いながら、奥にくすぐるキレの苦味ある香りは一定化して華やかさと円熟感と奥行きを感じながら長く続く。

  • 黒油伽羅の系統

中華圏で緑油伽羅の上位と言われているだけのことはあります。

見た目は薄黒く、香りは緑油伽羅をろ過して更に上品にしたようなイメージ。

  • その他の濃い色の伽羅
  • 紫白伽羅  香道の一部流派で好んで使われる。
  • 紫緑伽羅  梅が香と独特の酸味を持つ独特の伽羅、強烈な支持者がいるという。
  • 紫黒熟結伽羅  苦みが特徴、相当な曲者だが、熱烈に一部で支持される。
  • 虎班結紫油  激辛でも・・・・香りは奇跡
  • 赤油 

中国では紅糖熟結といわれる伽羅の仲間であり土から採集された伽羅で砂糖の焦げる香り、黒糖の甘味を生じる伽羅の仲間で国内では粉伽羅や刻み伽羅に混入されがちとされる。その見た目が独特であり削ると粉になります。これが伽羅に判定されるかどうかは国内では各香舗にゆだねられます。その他にも低価格や皮を剥がしていない伽羅は色では分類できない場合が多く、色分類できない伽羅も豊富に存在します。それらは色分類できないからと言って香りが劣るというものではありません。

手持ちの伽羅や触れてきた伽羅を色分けしました。

最後に伽羅を選ぶ際に伽羅の色を選ぶのはたいへん参考になりますが、色だけ判断するのは良い事とは言えません。香木の香りは木によって基本的には異なる物です。

  • こちらは当時ヤフーブログに書いたオリジナルの記事です。

改訂版 伽羅の色の分類  緑油伽羅 黄油伽羅 黒油伽羅 紫油伽羅 香木伽羅の種類

伽羅の木質とやわらかさ軟度

伽羅は基本的に木質が柔らかく、樹脂の軟度が高い。

  • 濃厚熟成タイプは硬くなっていく。
  • 生木から取り出した伽羅は生結や生木等という場合があり、特に軟度が高い。熟結などは熟度が高い為、木質は硬いが伽羅である以上は沈香よりは木質軟度が高い。

軟度と香りの関係

私は軟度が高すぎる伽羅は苦手である、まず香りが強すぎることで聞香中に臭覚を麻痺させること、保管においては軟度が高すぎる伽羅は油分の揮発性がとても高く、小片にすると明らかに香りが薄くなってしまうことなどから軟度の高い物は避けてコレクションしている。

  • 個人的なイメージでは軟度の高い伽羅は常温での香りが強く、銀葉にのせても香りはとても強烈軟度の低い伽羅は常温での香は柔らかい物ほど強くはない、しかし銀葉にのせればあまりに強烈ではないが香りは強く、透明感があり香りは濃厚で余韻が強い。

これらは個人の勝手なイメージであり、香木の香りは1つ1つは異なるため、軟度が高くとも透明感と余韻が強い伽羅もあり、熟度が高くとも濁ったような香りと余韻が薄い物もある。

  • 沈水香木のコレクターで香りを重視している私は軟度が高すぎる伽羅がもっとも高品質で良い物だとは全く思えない。
  • 現在の伽羅の値段は木質が柔らかい物ほど値段が高額である。これには理由があり、中国における伽羅の分類では柔らかく(爪で傷がつけられる)物が最高級で最も高額とされた影響を受けた為であると考えている。
  • 歴史的な伽羅や名香とされる伽羅を見ていても軟度が高い伽羅=個人的には最高級品の一種だとは思うが、ものすごく柔らかい物だけが最高級だとは思えない。

伽羅の状態を鑑賞

伽羅香木を抱えた沈香樹が自然枯死して、伽羅が土中に埋没した場合は軟度が高く香気も強い状態で採集されれば熟結伽羅や縮油伽羅や鉄伽羅など区別されると考えられる。

  • しかし熟度が高すぎて香気も弱くなるなどした場合は木所が変わってしまう。
  • 色以外にも緑油伽羅の熟結や緑油伽羅の熟結など、無理やり分別すれば伽羅は相当な種類になるだろう。
  • 緑油伽羅・紫油伽羅にもさらに種類がありランクに上下がある。

伽羅の採集状態を表す言葉

  • 生結・生木 生きている木から取り出した状態
  • 熟結・死沈 枯れた木から採取したり、土中より採集された状態。
  • 伽羅の産地
  • 伽羅の産地はベトナムの中部高原地帯であり、伽羅の出荷港(芽荘Nha Trang)などの名称を冠する場合がある。

(今後どんどん追加予定)

お勧め書籍 伽羅の原木が色ごとに掲載されている図鑑

香木のきほん図鑑 種類と特徴がひと目でわかる | 山田 英夫 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで山田 英夫の香木のきほん図鑑 種類と特徴がひと目でわかる。アマゾンならポイント還元本が多数。山田 英夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また香木のきほん図鑑 種類と特徴がひと目でわかるもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

2020年6-28日 この書籍の影響を受けて内容を少し変えました。山田松さんの伽羅は信用でき、数年前に最初にこの記事を書いた時もここのお店の伽羅を並べてkioka三台で楽しんでおりました。この図鑑は香木に関しての画像やきほん知識およびカタログに徹しており、香味などの言及はあまりありません、香人や香舗などの違いや香木の木所や香味に関する論争に配慮してあると思われます。この図鑑が出てきたおかげでこの記事におけるリライト版においては精度が上昇しました。このブログはマニアによる個人主観のブログであるため香味などについても言及しております。

当ブログは電子香炉を推奨

Amazon.co.jp : 電子香炉

香木そして、茶葉の計量に!お勧め

Simerst 携帯タイプ ポケットデジタル スケール(秤) 0.01g-500g精密 業務用(プロ用) 電子 はかり 日本語取扱説明書付き
Simerst 携帯タイプ ポケットデジタル スケール(秤) 0.01g-500g精密 業務用(プロ用) 電子 はかり 日本語取扱説明書付きが皿はかりストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

What kyaras? What is Kyara color? kyara kynam color
香木のブログ初苗庵・旧 (各種お香のブログ ピノグリ )この記事のみ海外サイトで報じられているので残します。翻訳が少々違っているので公式訂正をして公開します。まあ俺の大嫌いなコピペ+改善だけどまあ良いか(笑)Welcome Englis

合わせて読みたい 伽羅の記事

香木の記事一覧へ

香木のブログ初苗庵

香木・お香の各種記事一覧 このブログ内の記事における見解はすべて個人主観に基づいております。内容に関しての正確性や通用性は一切保証しておりません。もしお読みいただけたのでしたら、内容を頭に入れて自信で解釈してお役立てください。

コメント

  1. Royal CBD より:

    Incredible! This blog looks exactly like my old one! It’s on a entirely different
    topic but it has pretty much the same page layout and design. Wonderful choice of colors!

    P.S. If you have a minute, would love your feedback on my new website
    re-design. You can find it by searching for «royal cbd» — no sweat if you can’t.

    Keep up the good work!

  2. g より:

    I am in fact grateful to the holder of this website
    who has shared this fantastic piece of writing at at this place.

  3. g より:

    This is a topic which is close to my heart…

    Many thanks! Where are your contact details
    though?

タイトルとURLをコピーしました