ハサマ共同製茶組合 Kyoukan茶 べにふうき2nd 2020 | 茶の穂 香木と本気の茶

ハサマ共同製茶組合 Kyoukan茶 べにふうき2nd 2020

日本茶
スポンサーリンク

べにふうき2nd 2020 Kyoukan茶

茶葉3グラム、(香り)アロマは樟脳や竜脳そしてミントを連想するツンとした香り(悪い意味でない)スット抜ける香りが独特、口に含むと透明感を感じつつ痺れなどが無いのが良い。

茶葉の様子・3グラム

香味(フレーバー)においては、アロマ同様にミントや竜脳を連想する香りが、後味ではそのまま甘さは感じないが、渋みでない独特の収斂性が面白く、ブラックベリーのような後味が残った。余韻(コク)は肩付近までと国産茶としては非常に強く、好印象だ。

三重県産の紅茶は居住地が近いので頻繁に口にするが、製茶技術が総じて未熟である印象を受け、舌の感覚が麻痺したり後から不快になるので例外なく、ひとくちだけで終わっていた。しかし今回は年に凄まじい数の紅茶を飲む専門ブロガーからの紹介であるので信頼して飲んで驚きだ、余韻と透明感の強さから好感して初めてブログで触れた。しかし問題は最初に魚屋や漁港を連想する、過剰発酵臭がプーンと香ったので二回洗茶したが、それ以降は樟脳のような面白く、観賞に値する香りへ変化した、後からの体調は良くなったので安心。かなり面白い

コストパフォーマンス 30グラム800円という価格はこの品質なら破格。

紅茶専門ブロガーのけyさんに薦められ試飲したところ、三重県産の紅茶で初めて良いと思ったので記事にした。

エロゲーマーの紅茶日記
ブログタイトルはアレでも中身は健全。

飲んだ後に資料を読んだところ、愛知県の尾張旭で行われた金賞(三頭賞)を受賞したようだ、過去に尾張旭のコンテスト茶を地元の友人から何度も貰ったが良い印象は一度もないこと、自宅から近所すぎ諸事情あり顔が割れたくないので一度も参加したことがないが、尾張旭のコンテストでもこのような透明感と余韻が強い茶に出会えるなら参加してみたくなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました