ラプサンスーチョン 200年老欉紅茶

正山小種・桐木紅茶 (紅茶)
スポンサーリンク

桐木紅茶二百年老欉 2019 原味(無煙)(御茶荘)

  • ここまで余韻の強い紅茶は驚き、強い余韻・・・身体に染み渡る強さは正山小種では経験の無い異例の強さ。
  • アロマに竜眼香と乾燥フルーツの香りが漂う、その香りも濃密で濃厚である。
  • 正山小種独特のブランデーの香りと、紅芋のようなふくよかで心地よい甘さと、その後に味わいが長く持続する。
  • 口感はフルボディで、フレーバーは焼き芋やスイートポテト系統の優しい紅茶というイメージ、、、味わい自体は大人しいが、この茶は圧倒的な余韻と後味の残さが半端じゃない。

  • 渋み苦味は全く無く、味わうお茶でなく感じるお茶だと思う。
  • 甘い余韻心地よい、3gでも1リットルも飲むことができるため、1日中飲めること、渋み苦味をとても少ない作りである。
  • 正山小種の大赤甘系統のお茶の最高峰だと思う。
  • この茶葉は百年老叢紅茶の上位バージョンであり。こちらの二百年老叢は百年老叢を濃くして、余韻を強くしたバージョンだ、原料の良さも相成って、とても煎が長い。 
  • 日本のメーカーの紅茶と比較するなら、HOJOの雲南単株紅茶にどことなく近い感じだ、それは茶葉が小さくよく揉捻されている、味わいに強いキレと2000m超えにふさわしい透明感と超凝縮感、樹齢数百年の茶が持つ独特の余韻、単株茶らしい一切の雑味の無さ、さらに雲南紅茶独特の柑橘類を連想するミネラルの味がする。
  • こちらは茶葉は特大であり、ミネラル感が前に出てきている為に透明感というより、岩茶に近い雰囲気のやさしさと正山小種独特の豊かなフルーツの香りに加え、強い武夷岩茶同様のミネラルの香(岩骨花香)を付加した感じである。
  • 200年老欉の名の通り、余韻も強く高木型の樹齢200~300年程度あるだろう。
  • 標高は1000m以上とのことだが、、、凝縮感から1400mとか書いても良いレベルだと思う。
  • そして2020年は入手できなかった・・・・

ラプサンスーチョンのトップへ

正山小種・桐木紅茶 (紅茶)

Lapsang Souchong

コメント

タイトルとURLをコピーしました