北斗 北斗一号 御茶荘

武夷岩茶・岩茶
スポンサーリンク

北斗(Běidǒu) 別名 北斗一号 (軽火~中火)

一煎目 白ブドウと蘭ような濃厚なの香りが華やかに広がる、広がりかたは、まるで鳳凰単叢のようだ、口に含むとなんとも爽快なイメージである、透明感があり優しく、すっと染み渡る。

二煎~四煎目 香りは、重たいミネラルの香りがどっしりと匂う、そこに蘭の香りが混ざり、なんといえないアピール力がある、魅力的だ。

Amazon | Simerst 携帯タイプ ポケットデジタル スケール(秤) 0.01g-500g精密 業務用(プロ用)  電子 はかり 日本語取扱説明書付き | 皿はかり | 産業・研究開発用品 通販
Simerst 携帯タイプ ポケットデジタル スケール(秤) 0.01g-500g精密 業務用(プロ用)  電子 はかり 日本語取扱説明書付きが皿はかりストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

口に含むと、口感は意外にもミディアムボディ寄りであり爽やかだ、しかし美味しさと妖しげな花の香りが伴う後味がグングン前に飛び出してくる、美味しい酸味甘味などが複雑に口のなかを巡る、単純に美味しいと言える、、大紅袍に似た美味しさであるが、北斗のほうが純粋感があり、キレが強い。深いとは言えないが、余韻も体感もバランスが良い。

中国茶の記事一覧へ

茶の穂★本気の中国茶
カテゴリー・茶の穂本気の中国茶・ブログ内のそれらの記事や記録・関連記事の一覧。

コメント

タイトルとURLをコピーしました